3人の子育てもラストスパート!毎日が輝く笑顔であふれますように☆
ショック画像231114

ショック画像 11月14日の記事】
→【脱シリコン 11月17日の記事
→【うそみたい・・・11月27日の記事
→【毛先が人並みに? 12月20日の記事】

これが一番効いた!肌変化 24年12月の記事】

盛田屋さんの石けん しみが薄くなった

シミが薄くなった画像 の記事】
手作り化粧水・肌変化画像 の記事】
ほうれい線が薄くなった画像 の記事】
シンプルケア1年後の肌変化 の記事】
豆乳石けん10ヶ月使い続けた肌変化 の記事】
豆乳石けん使い続けて1年の肌変化 の記事】

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑ 応援いただけたら とても励みになります

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[せんべい] ブログ村キーワード

お伊勢さん参りのお土産いただきました。

いといんせんべい
いといんせんべい
絲印せんべい→【創業万延元年・播田屋さんHP

創業万延元年。
万延元年って・・・・検索すると「1860年・桜田門外の変」
江戸時代でありました。

絲印
1枚1枚の刻印が全部違います。
1包7枚入り(画像は6枚w)

薄くて軽い。素朴でほんのり甘い!
小さなお子様からご年配の方まで喜ばれるお味。
日持ちがする、個包装で分けやすいから、お土産にもよさそう。

サイズ(比較するものが見当たらず申し訳ない)
かわいいサイズ
最初3,4枚重ねて食べていた。
工芸美術品の代表的なもの・・・風情も余裕もない自分が恥ずかしい。

機会があればゆっくり、いといんせんべいを味わいたい。
チャンスがあれば、伊勢神宮をゆっくり参拝したい。
(前回は朝4時半から参拝したので)



↓【播田屋さんHPより、一部コピーさせていただきました】↓
 
鶏卵、砂糖、小麦粉を用い、薄く焼き上げた煎餅で表面には絲印の印影を焼きつけています。
明治三十八年、天皇陛下の伊勢神宮ご参拝に際し、献上菓子として創作いたしました。
明治、大正、昭和、平成と天皇皇后両陛下並びに各皇族殿下に献上及びお買上げいただいております。


絲印について

絲印とは、室町時代以降中国からわが国に輸入された生糸に添付されていた銅印のことをいい、小さな鈕(ちゅう)のついた印です。
この輸入生糸の一荷には、必ず銅印一個をつけ、わが国に到着した後その斤量をあらため、受領証書にこの印を押して、取引の証とする優雅な風習がありました。

しかも、一荷ごとにつけてある印は、印面も形もそれぞれ異なり、印文も取引用語を抜きにして、弄花吟月、愛春惜秋等の風流語や、判読しにくい謎のような文字、絵、文様などが風雅に表されていました。

また、鈕には人物、動物等を鋳出し、意匠も種類も雑多で、明時代の精巧な鋳金術をそのままに、小さいながら当時の工芸美術品の代表的なものと言えます。
太閤秀吉もこの絲印を愛し、公文書に押す自らの朱印もいくつか秘蔵していた中の最珍品を用いたと伝えられています。


いつもありがとうございます! 応援いただけたら とても励みになります
人気ブログランキング】【 ブログ村 健康ブログ▲TOPへ







スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。