3人の子育てもラストスパート!毎日が輝く笑顔であふれますように☆
ショック画像231114

ショック画像 11月14日の記事】
→【脱シリコン 11月17日の記事
→【うそみたい・・・11月27日の記事
→【毛先が人並みに? 12月20日の記事】

これが一番効いた!肌変化 24年12月の記事】

盛田屋さんの石けん しみが薄くなった

シミが薄くなった画像 の記事】
手作り化粧水・肌変化画像 の記事】
ほうれい線が薄くなった画像 の記事】
シンプルケア1年後の肌変化 の記事】
豆乳石けん10ヶ月使い続けた肌変化 の記事】
豆乳石けん使い続けて1年の肌変化 の記事】

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑ 応援いただけたら とても励みになります

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[絵本館] ブログ村キーワード

紙結い第4号、いただきました。
何度かブログで紹介してるけど。

子供達が小さい頃、お世話になった「童話館・ぶっくくらぶ」さんから。
1030紙結い
わたしが子どもだったころ、毎月、絵本が届いていた。
絵本によって、天の行いをなす人たち

年齢に応じた絵本が毎月届けられるシステム。
紙結いでは
「こどもだったころ」の人たちが、かつてと今の自分について語ってくれています。


3歳の頃ー5歳の頃ー7歳の頃ー
日本のどこかで、同じ絵本を読んでもらって育った人がいる、
それだけでも想像してワクワク、その大きくなった方が語る言葉は
自分の子どももこんな風に思ってくれたらいいな。との思いに重なります。

たくさんの素敵な親子の時間をくれた絵本。
子供達3人は今、どう思ってるのかな。

今回の「紙結い」で、会員当時1才~15才、現在19才で保育を目指す方が
「絵本の読み聞かせの授業で、図書館で絵本を選ぶときも迷うことなく書棚から取り出すことが出来て、ああ、これまでの絵本との出会いは財産だなと思います」
この一言がすっごく嬉しかった!我が子のように。

そしてずっと謎だった絵本

【送料無料】三びきのやぎのがらがらどん
がらがらどんの意味がやっと分かった!

子供達に人気がある本、大人では頭で考えてしまって理解できない。
そんな時間を埋めてくれるのも絵本。
教えてくれたのも絵本。

お嫁入りした絵本たち→【絵本1冊分の幸せ
「被災地の子供たちに絵本を届けよう」
「子供達に好きな本を選ばせてあげられる」ボランティアの方の一言が印象的だった。
ぶっくくらぶ1
ぶっくくらぶ2
ぶっくくらぶ3
タイトルを見ただけでその世界に入れる。

そして
笹倉剛氏(神戸親和女子大学文学部総合文化学科教授)と
童話館グループ代表 川端強氏との連載。

(絵本を読むこと)善意の行いと自負している人がいるようですが、善意は往々にして迷惑となり、害を及ぼすことを知らねばなりませんね。
子どもたちの朝の貴重な時間を、つまらない絵本を読むことで奪い去るなど、犯罪的な迷惑行為です。
と私は言っているのです。でも、この「選ぶ」というのが最もむずかしい。


ただ絵本を読み聞かせただけ、でも本質は厳選された絵本に囲まれた育児時間であったことを改めて幸せに思います。
絵本の力を教えてくださった、童話館・ぶっくくらぶさんに感謝を込めて。

読書週間、本屋に立ち寄りたくなった。
童話館ぶっくくらぶ→【HP

→【絵本に感謝!紙結いに感謝!の記事】
→【絵本 絵本 絵本 の記事】

いつもありがとうございます! 応援いただけたら とても励みになります
人気ブログランキング】【 ブログ村 健康ブログ▲TOPへ






スポンサーサイト
[真ん中] ブログ村キーワード

悠仁様、5歳のお誕生日おめでとうございます!!


昨日いただいたコメントで

>上のお姉ちゃんは、生まれてすぐ一人の時間をかけてあげられたから、
>今度は妹さんが独り占めの番かな。
>あ、そうすると、真ん中は??

もし、子供が3人とも同性だったら、真ん中はすねたかも(私は3姉妹の3番目)

上と下が女で、真ん中が男だったから
長男は平和に過ごせたと思う。

変わった事をすれば「男の子だから」
暴れれば「男の子だから」
わがまま言えば「男の子だから」
まーなんでもそれで許されたところがあるよーな?

同性、母親から見る女の子の1つ1つが、イラっとする事ありません?
私は酷かったなぁ。

イライラしがちな子育て中、絵本からたくさんの幸せをもらった。
ピカピカの春にプレゼントの記事】

子供の年齢に合った絵本が毎月送られて来る。
このシステムのおかげで、真ん中は、一番喜んでた。

長女の年齢→次女にとって難しい本も
次女の年齢→長女には物足りない絵本も
真ん中の長男は、すいすい世界に入っていったと思う。

070211_1621~01

小さい頭3つ並べ「おかーさんの横が良い!」と喧嘩しながら、
1冊の絵本の世界に想像を膨らませた時が懐かしい。


やんちゃ坊主だった長男も今日二十歳。
たくさんの笑いをいつもありがとう!

→【アルバムには漢字での記事】
→エチカの鏡【生まれ順の記事】

いつもありがとうございます! 応援いただけたら とても励みになります
人気ブログランキング】【 ブログ村 健康ブログ▲TOPへ











子供にも大人にも嬉しいクリスマス☆
子供の素朴な疑問
「サンタさんってどこにいるの?どうして私の家がわかるの?」
などなど この本にはちゃんと書いてあります。

とっても夢があるイラストと文章が素晴らしい!
クリスマスを迎える「秋からの心得」
サンタさんの苦労
トナカイの日常・・

大人でもクリスマスが待ち遠しくなる事間違い無し!

「このうちには よい子がいるかな?」
子供達の輝く瞳が忘れられません。

「クリスマスのまほう」
是非 素敵な【心がこもったプレゼント】で
あたたかいイヴをお過ごし下さい!!【サンタクロースと小人たち



子育てに疲れたら思い出してね →【心のサプリ♪絵本時間



昨日長男が部活中 大雨でもすべり込みの練習、
その後 ユニフォームを友達3人とパンツ1丁になりながら洗って
でも結局最後は水の掛け合いしてた・・・

この話を聞きながら思い出したのが【けんた・うさぎ

けんた・うさぎは毎日変身します!
それも うさぎ・かあさんを困らせてしまうような
「いたずら・うさぎ」「あべこべ・うさぎ」「きえた・うさぎ」・・
タイトルだけでも想像つきそうですね。

収められた6話全てが 子育て中の人だったらきっと
「わかる!わかる!」とひざを打ってしまうようなお話。

素晴らしいのはお父さん・お母さんうさぎの接し方。
すごいな?と思うけど 実際私にはムリ・・・。

3人の子育てをしながら思うのは
1人目は何もかもが初めての「子供の暴走」(に思えるのです)
2人目の子が同じ事をしても「そんな事もあったなぁ」(驚かない)
3人目の子になれば「そんな事(暴走?)がなかったら大人しい子なの?」(淋しいくらい)
子供の同じ行動でもこれだけ感情の変化があります。

この絵本の「親の接し方」も最初はビックリ。
それが2回目・3回目・・何度も子供と一緒に読んでいくと
自分も成長出来ていくような気がするのです。

ビックリ・・だったのに すこーしだけ今日は「怒り方」が変わったり
以前は「カッと」一瞬で沸騰してたのが すこーし冷静でいられたり。

最後のお話は「おひさま・うさぎ」 ぽかぽかになれます。
いつでも子供の頭の中は「あたたかい春」が満開なんだなぁ、と
とても幸せな笑顔が咲きます。

100ページの長編です。でも小さな時から子供は喜んで聞いていました。
何より私はこの絵本の1ページ1ページから学ぶ事がたくさんありました。



子供達が 大好きだった絵本!
今改めて手にすると 表紙から中身までボロボロ。お世話になったなぁ。

幼稚園でお母さんとお別れする寂しさ、大泣きですよね。
私自身も幼稚園になかなかなじめず よく泣いてたのを覚えてます。

この絵本を知ってたらどうだっただろうな・・

ビックリの展開に「あれーー!」と歓声
登場する子供達を自分に見立て、友達探して。

お母さん 今日も待ってるからね♪
お母さんもお迎え時間 楽しみに待ってるからね。

泣きたい時は思いっきり泣こう!
そしたら 明日は笑えるかも。【あーんあん



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。