3人の子育てもラストスパート!毎日が輝く笑顔であふれますように☆
ショック画像231114

ショック画像 11月14日の記事】
→【脱シリコン 11月17日の記事
→【うそみたい・・・11月27日の記事
→【毛先が人並みに? 12月20日の記事】

これが一番効いた!肌変化 24年12月の記事】

盛田屋さんの石けん しみが薄くなった

シミが薄くなった画像 の記事】
手作り化粧水・肌変化画像 の記事】
ほうれい線が薄くなった画像 の記事】
シンプルケア1年後の肌変化 の記事】
豆乳石けん10ヶ月使い続けた肌変化 の記事】
豆乳石けん使い続けて1年の肌変化 の記事】

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑ 応援いただけたら とても励みになります

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分の怒ってる顔 みたい? 見たくないですよね。
どーして?
だって怒ってるから。

「怒り」の感染力の強さって怖いですよ・・・ 
分ってるんだけどカッとなった時は止められない。

日本古来の七五調・・じゃないかも知れないけど明快で無駄の無い言葉と
大迫力のカラフルなイラスト【ぶんぶん ぶるるん
070619_2210~01.jpg


とっても平和で穏やかな牧場を襲った「一撃」

つり上がった眉 荒々しい息遣いの口元・・
同じ登場人物の右ページと左ページで こんなに変わっちゃうんです!

怒りの連鎖エンドレス。
子供は「怒られ慣れ」ているのか 笑っていたからこそ
記憶に刻まれた「怒った顔ってこんな顔」

【ぶるるん来たよ!】
マズイマズイ・・怒った顔はここで はい おしまい!

これ 笑顔になれるマジックでした♪


スポンサーサイト
人の大切なものを奪ってはいけない。
権力や地位を利用して欲しいものを手に入れるなんて以ての外。

自分の妻を王様に奪われたクロドリは 武装し、
ランパンパン ランパンパン ランパンパンパンパン
掛け声も勇ましくお城へ挑みます。
途中 同じく王様に「安心の自由」を奪われた仲間を自分の耳に隠し持って。

ずっとクロドリの怒り狂った顔。
子供達は怖がっていました。
当たり前です、本気です、愛する妻を奪われたのですから。

「人のものを勝手に奪っても何の幸せもやってこない」
このメッセージが 子供達の奥底にきちんと伝わる絵本です。

ランパンパン・・この掛け声、かなり元気よく歌っていました。
これから眠るはずの時間、すっかりクロドリ応援隊長になり切っていました。

インドのジャンケンと聞くば この絵本を思い出します。【ランパンパン



静かでとても安心できる絵本
3人とも好きでした。

一定のルールを皆が守るから いつも通り「おはよう」
いつも通り「おやすみなさい」で今日が終わっていく。

みどりのひかり みんな「すすめ」
あかいひかり みんな「とまれ」

細部までとても丁寧な絵に吸い込まれそうです。
「よるだから」
ちゃんと帰って行く場所を見るのが嬉しそうでした。

「みどりはすすめ」「あかはとまれ」
大切なルール・基本は何度も繰り返し伝えなければなりません。

みんなが守るから ほら
今日も素敵な「おはよう!」が始まります。【あかいひかりみどりのひかり



昨日 長男の塾のお迎え24時でした・・・
いつもは23時なんだけど・・ 応援したいけど眠い!!

おしゃべり我が家はこの時間でも饒舌でw
車内が曇るほどわいわいわいわい・・・(何人乗ってるんだ?って感じ)

「さっさっさっさぁとお風呂入ったら?」
「学校から帰って入ったからこのまま寝る、だってお湯冷めてるし」

お風呂好き長男は1日2回入ってます。
今までの4人家族生活だったらOkだったのですが長女が帰宅し今は5人。
シャワーを取り替えたら水力UPの打たせ湯??状態で
20年以上前の電気温水器(追い炊き出来ない)では お湯切れもしばしば・・・

長男「小さい時、お風呂で10数えたら上がっていいよ って言われて
 10数えたらそんなんじゃ ダメだーーって最初から数えさせられた」
長女「あーー そうそう!」 
長男「熱いよーって訴えたら 男は一生で3回しか泣けないんだよって説教しだして」
  「ぼく幼稚園で今日1回泣いたから もう2回しか泣いちゃダメなんだって熱いの我慢した」

母「あーー言ったね、そういえば」
長男「本気で困ってたんだよ! こんな説教もっと大人になってからにして」
母「じゃ今からしよっか?」
長男「・・・寝る♪」

寝る前の絵本タイムで よくリクエストがあった



後から知った事実
「長男 この本好きだったよね?」
「好きって言うより、お母さんがイライラしてるなーと思ったとき わざと選んでた」

・・・ 長男の方がウワテでした^^

★この絵本にはたくさんの「まぬけ」が登場して子供用にしては長い絵本です。
「この本読んでー」と言われた時は、毎回イライラは頂点に達していたけど
無邪気に笑う子供達3人のおかげで 最後は一緒に自分も笑ってたなぁ!




インドに古くから伝わるおはなし。

大きいこと・小さいこと について考えていた行者。
目の前に現れた「ねずみ」

自然界で生きていくには避けられない弱肉強食
行者の力を借りて生き延びたねずみは 森の王者トラの姿を借りる事ができました。
ところが 自らの愚かな考えで再び オドオドしながら生きていく姿に戻されます。

強いってなんだろう、大きいってなんだろう、
真の「王者」になるには何が必要なんだろう。
子供達自身で何かを感じ取って欲しい絵本です。

何度も手にした・・と言うわけではありませんが
哲学的なメッセージと版画イラストは心の奥に刻まれています。
むかし、ねずみが・・

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。