3人の子育てもラストスパート!毎日が輝く笑顔であふれますように☆
ショック画像231114

ショック画像 11月14日の記事】
→【脱シリコン 11月17日の記事
→【うそみたい・・・11月27日の記事
→【毛先が人並みに? 12月20日の記事】

これが一番効いた!肌変化 24年12月の記事】

盛田屋さんの石けん しみが薄くなった

シミが薄くなった画像 の記事】
手作り化粧水・肌変化画像 の記事】
ほうれい線が薄くなった画像 の記事】
シンプルケア1年後の肌変化 の記事】
豆乳石けん10ヶ月使い続けた肌変化 の記事】
豆乳石けん使い続けて1年の肌変化 の記事】

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑ 応援いただけたら とても励みになります

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[サプリメント] ブログ村キーワード

今、注目されている美容成分は「レスベラトロール」・・どんどん新しい成分が出てくる。

アンチエイジングや健康、美しさへの憧れは、
いつの時代も、とどまるところを知らない勢い。

先日、美容院で手にした週刊誌に
「以前流行したユニーク健康法ーぶらさがり健康法・飲尿健康法・・・」

(/≧∇≦\)アチャー!! ぶらさがり健康法。
今も使ってるわ「ぶらさがり健康器」えっと、、35年以上!!!
長男が家にいた時、懸垂してた。
洋服かけにはなってない。一度かけるとその先ずっと「健康器」でなくなりそうで。

それより「自分のおしっこを飲む健康法」
一時期、よく特集が組まれてた。効果の方はどうなんだろ。

健康志向が高まり、ウォーキングやジョギング、ジムなどで体を動かす方。
食事やサプリメントで栄養バランスを整える方。

テレビや雑誌で取り上げられた健康法が、爆発的に流行る。
そしていつしかその健康法は、姿を消す。

悪気は無いんだよね(あったら困る)。

きっと続ければ効果が期待できるはず。
だけど世の中はめまぐるしく変化し続ける。

変化、研究が進んで「あの健康法は効果が無かった」となった時
健康法=体を動かす、ある食品を食べるような健康法なら、
それまでに害が無ければ良かったってなるのか?な?

でもサプリメントはどうだろ。
成分は自然界にあるものでも、人間が作り出した「粒・粉末」
「当社独自の製法で」「安全性は大学教授の・・・」と記載があっても怖い。

ダイエットに、便秘に、お肌のハリに、美白に、膝の関節に、、それぞれのサプリ!
効くといわれるカタカナ成分がなんとなく浮かぶ。
宣伝効果すごい。

一度試したことがあるプラセンタ。本当に効果があった。
しかも即効性があり、肌も体調もビックリするくらい効いた。

医療機関でのプラセンタ治療は否定しない。治療だから。

でもプラセンタサプリは避けることにした。
動物由来のプラセンタ、植物由来のプラセンタ。違うと頭で分かっていても
「共食い」と思ってしまう。

献血の注意事項を見て、サプリで手軽にプラセンタを摂取できる事に疑問を持ち始め、
2年ほど前読んだ本。
南雲先生:狂牛病
実年齢より20歳若返る!生活術:南雲吉則著
↓  本文一部抜粋 ↓
狂牛病は「種の存続」を脅かした結果
卵を食べる、芽を食べる、種を食べる。それは「その種の存続」にダメージを与えることです。
食物を選ぶときに「避けたほうがよいこと」として心得ておいてください。
本来、生き物は基本的に、種の存続を脅かす食べ方をしないものです。
その最大のタブーが「共食い」です。どんな生き物も「自分と同じ種」は食べませんね。
 ---
昔、中国では猿の脳を食べていましたが、それがアルツハイマー病の原因になっているのではないか、といわれています。
一部のハルツハイマー病と狂牛病の発生の背景は、非常に似ています。
↑ ここまで本文一部抜粋 ↑

なぜ、あえてこの記事を載せたんだろうと考えた。
→【ヤコブ病とは

ネットはどこまで信じるか、結果ありき「プラセンタ・害」「プラセンタ・効果」の検索で自分を納得させる。
すべて自己責任。どこまで自分を信じられるかなー!
甘い誘惑が多すぎる世の中。

美容業界での良いお客さん
この言葉・・・
世の中で肌トラブルの方がいなくなってはマズイって事?
気が付いた時はかなりショック。
→【きれいになった?肌トラブルなくなった? 平成24年1月29日の記事】

美容をいろんな言葉に替えてみる。


いつもありがとうございます! 応援いただけたら とても励みになります
人気ブログランキング】【 ブログ村 健康ブログ▲TOPへ






スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。