3人の子育てもラストスパート!毎日が輝く笑顔であふれますように☆
ショック画像231114

ショック画像 11月14日の記事】
→【脱シリコン 11月17日の記事
→【うそみたい・・・11月27日の記事
→【毛先が人並みに? 12月20日の記事】

これが一番効いた!肌変化 24年12月の記事】

盛田屋さんの石けん しみが薄くなった

シミが薄くなった画像 の記事】
手作り化粧水・肌変化画像 の記事】
ほうれい線が薄くなった画像 の記事】
シンプルケア1年後の肌変化 の記事】
豆乳石けん10ヶ月使い続けた肌変化 の記事】
豆乳石けん使い続けて1年の肌変化 の記事】

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑ 応援いただけたら とても励みになります

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[害虫駆除] ブログ村キーワード

半分過ぎるね、今年も。
「どっか行きたくなるー7月に連休あるし」

「島根」主人
「ゲゲゲの?」ハハ
→「ゲゲゲの女房

「北海道!」次女(高2)
「へぇ?そんな良かった?」
「うん!すっごく楽しかったーー」(修学旅行6月23日?26日)
「良かったね!無事帰宅でホント良かった!」
→北海道と言えば「幸せの黄色いハンカチ

山田洋次監督の名作『幸せの黄色いハンカチ』をリメイクした『イエロー・ハンカチーフ』
『イエロー・ハンカチーフ』は6月26日より東劇ほかにて全国公開中!

『イエロー・ハンカチーフ』ロサンゼルスプレミアで
「現代的になってるんですけど、オリジナル版と心根が一緒。
日本人にはたまらない映画になっていると思います。是非二本続けてご覧下さい。
使用前使用後のような桃井がそこにおりますが(笑)」とコメントされた桃井かおりさん。


黄色・・・幸せの黄色・・・

今「魔法の黄色いバケツ」もホットな話題だそうで。
魔法の黄色いバケツ
北陸中日新聞 平成22年6月24日

黄色いバケツ(6リットル容器)に水を三分の二ほど入れる
中に食用油を数滴、さらに乳酸飲料か食用酢を十ミリリットルほど入れ
後は畑に置いておくだけ。

バケツの黄色と乳酸飲料などの甘酸っぱいにおいで害虫を引き寄せ
水面に落ちた害虫は食用油の吸着力で逃げられず溺れ死んでしまう。

・1日に20匹とれたことも
・十平方メートル以内の菜園ならバケツの数は2コほど

だそうです。新聞記事は↓に。

魔法のバケツは・・・「黄色(6リットル)」であればいいのかな?

黄色いバケツで農薬の散布が減るなんて!すっごい魔法!!!!


菜園の害虫・誘って駆除【魔法の黄色いバケツ】

黄色いバケツを利用して簡単に、家庭菜園の害虫駆除を行う方法が
福岡県糸島市でひそかなブームになっている。
JA糸島の農園芸資材販売店「アグリ店」の古藤俊二店長(46歳)が5月中旬、
野菜づくり講習会で「魔法の黄色いバケツ」と名付けて参加者に“伝授”したところ、口コミなどで広がり、同店では黄色いバケツが40個も売れる日があるという。

福岡で人気

古藤店長は、害虫が好むとされる黄色を使ったハエ取り紙が市販されているのにヒントを得て、2年前からキュウリやトマトなど夏野菜を栽培している畑で、黄色いバケツによる害虫の駆除を試してきた。
方法はバケツ(6ミリリットル容器)に水を三分の二ほど入れた中に、食用油を数滴、さらに乳酸飲料か食用酢を10ミリリットルほど入れて、後は畑に置いておくだけ。

食用油で逃がさず

バケツの黄色と乳酸飲料などの甘酸っぱいにおいで害虫を引き寄せ、水面に落ちた害虫は食用油の吸着力で逃げられず、おぼれ死んでしまうという。
1日でバケツに20匹ほどが死んでいたこともあったという。
10平方メートル以内の菜園なら、バケツの数は2個ほど。アブラムシやガなどの害虫密度を下げる事ができ、古藤店長のもとには「薬剤散布の回数が半分程度になった」などと、反響が寄せられているという。

古藤店長は「害虫は夏野菜の黄色い花や花粉にひきつけられるように寄ってくるんでしょう。なるべく化学薬剤を使いたくないと思う人には安価で手軽にできる方法です」と語っている。

県病害虫駆除所は「昼行性の害虫には、黄色に誘引される種類があることが知られ、その習性を利用している。環境に優しい栽培につながり、興味深い」と話す。
(北陸中日新聞 平成22年6月24日)


↓ あらすじコピペ ↓

【ゲゲゲの女房】
ヒロインの布美枝は、昭和7年、島根県安来の商家に生まれました。
豊かな自然の中で育ち、家業の手伝いに精を出していた布美枝に運命の出会いとなる、お見合いの話が飛び込んできたのは28歳のときでした。縁談の相手は東京の「貸本マンガ家」(「貸本屋」の商品である貸し出し専門のマンガを描く職業)、ペンネームは「水木しげる」。布美枝より10歳年上で、戦地で爆撃に遭い左腕を失っていました。
水木の屈託のない笑顔と素朴な人柄に、布美枝は心ひかれます。見合いは即決、5日後には結婚式を挙げ、身の回りの物だけ持って東京へ嫁いでいきます。アレヨアレヨという間の、人生の大転換でした。
ところが、東京都調布市の新居で布美枝を待っていたのは、どん底の貧乏生活だったのです。
貸本マンガ業界はすでに斜陽でしたが、超人的な努力でマンガと格闘する夫・茂の姿に、布美枝は「何があっても、この人とともに生きよう!」と心に決めるのです。
時代は高度経済成長のまっただ中。でも、二人の生活は、生まれてきた子供のミルク代にさえ事欠くような、苦しい日々が続きます。
しかし、そんな“どん底生活”から、ようやく抜け出す日がやってきます・・・。
夫婦の人生は、それからも山あり谷あり。さまざまなことを乗り越えながら、より深い絆で結ばれていく家族の姿を、笑いあり涙ありで描いていきます。

【幸せの黄色いハンカチ】
監督: 山田 洋次
出演: 高倉 健、賠償 千恵子、武田 鉄也、桃井 かおり、渥美 清

失恋して、ヤケになった花田欣也(武田鉄也)は真っ赤なファミリアを購入、失恋の傷を癒すため、フェリーに乗り、北海道を目指す。
釧路から網走にやってきた欣也は駅前で片っ端から女の子に声をかけはじめる。
一方、網走刑務所からは、刑期を終えた一人の男、島勇作(高倉健)が出所してくる。
郵便局に寄った勇作は葉書きを一枚書いて出していく。
欣也はどうにか一人の女の子朱美(桃井かおり)をナンパしてウキウキとドライブを始める。
海岸にやってきた二人は勇作に写真を撮ってもらった縁で三人旅を始めることになる。




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。