3人の子育てもラストスパート!毎日が輝く笑顔であふれますように☆
ショック画像231114

ショック画像 11月14日の記事】
→【脱シリコン 11月17日の記事
→【うそみたい・・・11月27日の記事
→【毛先が人並みに? 12月20日の記事】

これが一番効いた!肌変化 24年12月の記事】

盛田屋さんの石けん しみが薄くなった

シミが薄くなった画像 の記事】
手作り化粧水・肌変化画像 の記事】
ほうれい線が薄くなった画像 の記事】
シンプルケア1年後の肌変化 の記事】
豆乳石けん10ヶ月使い続けた肌変化 の記事】
豆乳石けん使い続けて1年の肌変化 の記事】

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑ 応援いただけたら とても励みになります

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[実家片づけ] ブログ村キーワード

片付け:実家を処分

やっと9割片付けが終わった。とりあえず、法事はできる状態。

さっさと後1割終わらせれば良いのに、この「あと少し」が厄介。
1割は多分身内しか入らない「居間」ね、これが進まない。

広い空間、これはモノを捨てたり移動させれば、一応クリア。
居間は今も生活してるから、な~んかごちゃごちゃ。
今日こそ帰って頑張ろうっと(やらないと時間がない!)

掃除して、ふすまを外す。
片付け
1週間前はこうだった
片付け

玄関から入るとこんな感じ
片付け251127
1週間前
片付け2
不用品買取業者にお見積もり:実家を処分 平成25年11月20日の記事】

自分で実家を処分できるのはとても贅沢なこと、良い方向に進むんだ、
と脳に言い聞かせ
淋しいとか申し訳ないとか辛いとかの感情を押し殺してモノを捨てた(つもり)



家の土台が傾いてるからビクともしないふすま。
それを無理やり外す。

封印してた記憶がよみがえる。
言葉を発すると涙がこぼれそうになるので、お互い無言で一生懸命父と外したふすま。
母の葬儀の時。


先日、主人と二人で必死に外した。
「よいしょ!よいしょ!えい!えい!」とか一生懸命声にして。
そうしないと、涙がこぼれそうだったから。

広い部屋になった真ん中に立つと、もうダメ。
なんにも言ってくれない遺影。

「お母さん、わっかいねー」
49歳の母に話しかける48歳の私。
駆け足過ぎたね。もうすこしのんびりして欲しかったなぁ。

一人だからオイオイ泣く。
やっぱり脳は騙せない。



楽しかった事は忘れて行き、苦しかった出来事が笑い話になっていく。
いつか笑って話せる日が来るよね。


いつもありがとうございます! 応援いただけたら とても励みになります
人気ブログランキング】【 ブログ村 健康ブログ▲TOPへ







スポンサーサイト
[ゴミ袋] ブログ村キーワード

捨てる気満々で「置いてたモノ」:実家を処分

資源ゴミ回収は月2回。
粗大ゴミは年に2回。(この日も立会いの方いらっしゃいます)

一旦捨てようと思ったモノをすぐに捨てれば問題ないけど
粗大ゴミの日まで、家に置くと・・・汚部屋になって行く。
でも本人は捨てる気満々だから、全然「汚部屋意識」無し。

資源ゴミはゴミ袋(45リットル)に入る程度の大きさ。
粗大ゴミはそれ以上のモノ。

捨てられない物がいっぱい。父の遺したものが、なんて書いたけど、
私も往生際が悪く捨てられない思い出の品がいっぱい。

置いても結局いつか処分しなきゃいけないのに。
分解
粗大ゴミに捨てるつもりで、ずっと部屋に置いてあった。つまり放置!

分別じゃなく分解中。
矢車
こいのぼりの矢車(黒のゴミ袋が時間経過を物語る・今は半透明ゴミ袋しかダメ)
ピンクのは「そり」
雪が降った時、ゴミをそりに乗せてステーションへ行く、たまに袋ごと落ちてる(笑)

長男が幼稚園の時、庭のこいのぼりが嬉しかったなぁ。
特に父は本当に喜んで見上げてた。
我が家で泳ぐこいのぼり
→【もうすぐ「こどもの日」たくさんの反省とありがとう の記事

こいのぼりは、お嫁入り(って変ね)して毎年元気に泳いでる。
こいのぼり
→【健やかな成長を見守ってくれた「たまご」達♪ の記事】
*長男は現在大学4年

長い間お世話になりました。我が家に来てくれて嬉しかったよ。
ありがとう!矢車くん♪

→【不用品買取業者にお見積もり:実家を処分 平成25年11月20日の記事】


いつもありがとうございます! 応援いただけたら とても励みになります
人気ブログランキング】【 ブログ村 健康ブログ▲TOPへ







[分別ゴミ] ブログ村キーワード

分別が難しい:実家を処分

不燃物ごみ回収は毎月2回。
「分別」に間違いがないか、町内で立会いの順番がある。

前回のゴミの日。
大量のハンガーをダダダダーーッと不燃物カゴに入れたら。

「これは燃えるごみ!今日捨てられるのは針金などがついたものだけ」
・・・と立会い(ご近所さん)の方に言われ
出勤途中に忙しい皆様がバタバタしてる時間帯、出したハンガーをその場で仕分けされ違うものは返されてきた。
悲しいやら恥ずかしいやら。
適当に分かったつもりはダメね。

プラのみのハンガーは「燃えるゴミの日」に。
片付けて新たに出たハンガー。
ハンガー
向きがバラバラだと、イラっとするので種類別にまとめた。
今日の「ゴミの日」はゴミ捨て合格だった。ホッ


ゴミ屋敷とか汚部屋って、掃除してゴミをまとめても分別が面倒とか、ゴミステーションの時間が合わず捨てらない、ってあるんだろうな。

ビックリするほどのゴミの山、の画像があるけど
案外「ゴミ袋」に入ってるモノが山積みだったりする。

今回実家を処分するため、家中の片づけをしてる。
全部捨てる!の意気込みでも
「これって燃えるゴミ?資源ごみ?これって何??」に時間がものすごくかかる。

1日中片づけをしても、面積にしたら「たったこれだけ?」しか進んでない状態。
ゴミ袋はすでに50枚入りを2セット分くらい使った。

捨てに行くのも大変。

恐ろしゾーン7ヶ所のうち、4ヵ所終了。
だけど残る3ヶ所が、ちょー厄介。
週末だ!がんばろ。。


いつもありがとうございます! 応援いただけたら とても励みになります
人気ブログランキング】【 ブログ村 健康ブログ▲TOPへ







[捨てる片付け] ブログ村キーワード

使えるのに捨てます:実家を処分

生まれ育った家にあるものは、ずっとそこに存在してるので
疑問に思わず、動かそう、処分しようという気持ちもなく。

「置きやすい高さ」の場所に積み上げられたり、それなりに隠れる場所があるから「その辺」に置いたままの状態で物が増えていく。
どんどんどんどん。

「汚部屋」という言葉があるけど、自分の家は大丈夫。

まさか自分の住んでる家が。ねぇ、そんな風になる訳ないじゃん。
だって生活してるんだから!

甘かった。ホント「ゴミ屋敷」な我が家。
一応、生活スペースは広々してるの。
障子完了
なんとなくこんな感じ。

でもいつの間にか増え続けた物が、あちこちのゾーンに隠れてた。
この画像の障子の後ろ。
部屋とはカウントしない押入れでもない、以前は縁側的な存在スペース。
通称「開かずの間」(開くけどあけない)
部屋ではない恐ろしゾーンが7ヵ所、普通に使える部屋は11部屋(建坪約55坪)

法事や結婚式やお祭りなど、人が集まるための家。
そのための茶碗や湯のみが30客揃いで用意してある。

熨斗付きのままの「引き出物」(箱が大きければ大きいほど「良し」とされた時代)
カタログギフトで選んだものさえ、箱を開けず取っておく。

全部使える。
全部使わない。
全部処分。

ごめんなさい。ごめんなさい。ごめんなさい。
いつか使うだろう、親はそう思って「取っておいてくれた」んだと思う。

ありがとうございます。
何度も何度も繰り返し。

片付けても片付けても(ごめんなさい)うんざりするほど物が出てくる。

食器を包んであった新聞紙。
伊豆大島
昭和61年11月16日:三原山12年ぶり噴火・伊豆大島

昭和から触ってなかった食器類。
ごめんなさい。
湯のみ
湯のみだけでもこの量。お皿やお茶碗がまだ奥にある。

母が他界した昭和61年10月、満中陰法要をした後、使った食器を新聞に包み「この辺」に片付けたんだと思う。
この場合は片付けじゃなく「移動させただけ」
そしてそのまま。

のしがかかったまま箱に眠ってた寝具類
寝具類
タオルはまた別、ものすごい量がある。

バザーに引き取ってもらえば?
・・・箱を開ける、箱をつぶすの繰り返し。
もう、どこかに出すとか持っていく元気もない。

断捨離は、体力があるうちに。
「いつか使う」の「いつか」はずっと来ない。
痛いほど思い知った。

たくさんの「大切な気持ち」を処分する断捨離作業をやったこと、
絶対忘れない。

今まで一緒にいてくれてありがとうございます。

いつもありがとうございます! 応援いただけたら とても励みになります
人気ブログランキング】【 ブログ村 健康ブログ▲TOPへ







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。