3人の子育てもラストスパート!毎日が輝く笑顔であふれますように☆
ショック画像231114

ショック画像 11月14日の記事】
→【脱シリコン 11月17日の記事
→【うそみたい・・・11月27日の記事
→【毛先が人並みに? 12月20日の記事】

これが一番効いた!肌変化 24年12月の記事】

盛田屋さんの石けん しみが薄くなった

シミが薄くなった画像 の記事】
手作り化粧水・肌変化画像 の記事】
ほうれい線が薄くなった画像 の記事】
シンプルケア1年後の肌変化 の記事】
豆乳石けん10ヶ月使い続けた肌変化 の記事】
豆乳石けん使い続けて1年の肌変化 の記事】

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑ 応援いただけたら とても励みになります

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ご近所さんからいただいたぶどう。美味しかった!!
ぶどう

秋の味覚で浮かぶのは、ぶどう、栗、梨、新米、秋刀魚、さつまいも・・・・・・。

栗、美味しいけどちょっと手間がかかる。
今朝の新聞に「栗の簡単なむき方」が掲載されてた。
くりご飯
北国新聞:平成26年10月3日朝刊

大き目の鍋にたっぷりの水を沸騰させる。
沸騰したらクリを入れて弱火で3分ゆで、火を止めてふたをし10分間放置する。
その後、鬼皮と渋皮をむく。

弱火で3分、火を止めてふたをし、10分間放置!
ここがミソなのね。

くりご飯の材料はこちら
クリ御飯 材料
全体記事はこちら・クリックで大きくなります
くり御飯
主婦の皆様すごい!
「COOKPAD」頼りになります!


いつもありがとうございます! 応援いただけたら とても励みになります
人気ブログランキング】【 ブログ村 健康ブログ▲TOPへ







スポンサーサイト
医療難民の増大懸念

自由診療、領域拡大か

こうした施策の延長戦上には、どんな医療の現実が描かれるのか。
さいたま市で胃腸科肛門科の診療所を運営する多田智裕医師は、次のようにシミュレーションする。
  ×  ×  ×
とある男性会社員(50)は、初期とみられる大腸がんの手術を受けることになった。
主治医は費用などをこう説明した。
「通常の開腹手術なら保険適用で20万円。これだけでも大腸がんは切除できる。でも、転移の可能性があるリンパ節を完全に除去できるかは保証できない。残してしまうかもしれません」

続けて、もうひとつの選択肢を紹介する。
「最新鋭の手術機材を使えば、リンパ節を正確に除去できる。こちらは保険外併用療養。自己負担の150万円が加わって、計170万円だ」

男性は悩む。
「米国の民間のがん保険会社から勧誘があったけど、保険料が月1万円で高くて、断ってしまった。加入しておけば、よかった」

医師は「この最新鋭の手術機材に公的保険が適用されれば、費用は約60万円に抑えられる。だが、国は患者の自助を前提に新しい技術が生まれても、公的保険をほぼ適用しない。お気の毒だが」となぐさめた。
  ×  ×  ×
多田医師は「求める医療をいつでもどこでも、お金の心配をせず受けられることが幻想になりつつある。所得により医療サービスの差が広がって、良質な医療は受けにくくなる」と危ぶむ。

根幹にあるのが、国の診療報酬の抑制だ。
診療報酬は保険適用される医療行為に払われる。
このため、経営の苦しい医療機関は保険適用外の自由診療を増やす傾向にあるという。

「大腸の内視鏡検査は保険適用で、1日15人前後の患者を診ないと割が合わない。
医師も体力的に厳しい。保険適用にせず自由診療にし、診療代を高くすれば、4,5人の患者ですむ。
患者は減るが、討ち死に覚悟で自由診療に打って出る医師は増えている。
もちろん、経済的余裕のない患者は受診できない」
超高齢化社会を迎える中、財源が限られている以上、こうした事態は諦めるしかないのか。

全日本民主医療機関連合会(民医連)の藤末衛(まもる)会長は、組合管掌健康保険(組合健保)の保険料率アップを提起する。

労働省などの資料によると、外来受診が無料のドイツでは、保険料の負担割合が給与の15.5%なのに対し、日本の組合健保は平均で8.6%と軽い。中小企業中心の協会けんぽでも10%だ。
「とりわけ、日本の大企業の保険負担は国際的にも小さい。せめて、協会けんぽのレベルまでは引き上げるべきだ」

国民医療費は年々増加し、37兆4000億円に上る。うち、公費負担の割合は38.1%で増加傾向をたどる一方で、事業主や被保険者の保険料の割合は5割を切り、財源は厳しくなる一方だ。

前出の二木学長は国民会議の報告書に記された「保険料は負担能力に応じて求め、格差是正に取り組むべきだ」という指摘に注目する。
無職の人や非正規労働者らが加入する国民健康保険は、財政的に弱体化している。
このため、負担能力のある組合健保に支援してもらおうという趣旨だ。

医療難民を増やさないためには「これを政治が実現できるかがカギになる」と話す。
「経済的理由による受診抑制を防がなくては。医療格差をなくさなくてはならない」

11_2013092818135546d.jpg
北陸中日新聞(平成25年9月27日:朝刊)


いつもありがとうございます! 応援いただけたら とても励みになります
人気ブログランキング】【 ブログ村 健康ブログ▲TOPへ







安倍政権の社会保障改革

国民皆保険形骸化も

「医はカネなり」の風潮が強まっている。
安倍政権は先月、患者の事故負担増などを柱とする社会保障制度改革の骨子を閣議決定した。
加えて、政府の産業競争力は混合診療の導入など、経済活動としての医療という視点を強めている。
「いつでもどこでもお医者さんにかかれる」というこの国の安心は風前の灯火だ。
格差が拡大する中、経済的理由から受診を控える「医療難民」が一段と増えそうだ。

際限なき自己負担拡大

「低所得層にとっては経済的な負担感が強く、受診を控える患者さんが一段と増えそうだ」
日本福祉大学の二木立(にきりゅう)学長(医療経済学)は、安倍政権が先月、閣議決定した社会保障制度改革のための「プログラム法案」の骨子について、そう懸念した。

この骨子は社会保障制度改革国民会議の報告書を受け、2017年度までの取り組む課題を並べたもので、秋の臨時国会に提出される見通しだ。

報告書によれば、その中身はこれまで一割だった70~74歳の医療費の自己負担割合を二割に引き上げるほか、入院給食費の全額自己負担が盛り込まれる。

骨子は「健康管理や疾病予防など自助努力するインセンティブ(やる気)をもてる仕組み」の検討を挙げるほか、要は医者にかからないように自己責任で健康を保て、ということだろう。

二木学長によると、これまでの改革議論の経緯から、高齢者の二割負担などのみならず、それ以外にも将来的に患者の負担を増やす政策が導入されかねないという。

「かぜなら患者7割」

外来受診一回ごとの「定額負担」や、外来一回ごとに500~1000円までは全額負担になる「保険免責制」などだ。
「際限なく、患者の負担が増えていく。これが国民会保険制度を形骸化させかねない」

医療制度改革に加え、産業競争力会議では保険外併用療養費制度の拡大(混合診療の導入)が論議されており、環太平洋連携協定(TPP)の影響による薬価上昇なども予想される。
とりわけ、薬価の上昇は「いまそこにある危機」(二木学長)で、これからも患者負担に直結する。

阿部首相が経済成長のシナリオを示した「日本再興戦略」では、医療は打ち出の小づちとして扱われる。
それと連動する産業競争力会議では、混合医療導入のほか、「かぜの自己負担は現在の三割から七割へ」「小額な医療費は全額負担」といった意見も出された。

混合医療は公的医療保険が適用される保険診療と、保険外の自由診療を併用する仕組み。
現在は原則禁止で、診療総額は自己負担扱いだ。

だが、高度先進医療などでは、例外的に保険診療を併用することが認められている。
保険外併用療養費制度だ。
通常なら保険対象分が将来的に広がっていく。だが、危ぶまれているのは国の医療費抑制策で保険適用の対象が固定化されてしまうことだ。

実際、保険外併用療養費の拡大について、厚生労働省は「速やかに先進的な医療を受けられるよう対応する」とするが、保険対象の拡大については言葉を濁している。

1_20130928114600911.jpg
北陸中日新聞(平成25年9月27日:朝刊)


いつもありがとうございます! 応援いただけたら とても励みになります
人気ブログランキング】【 ブログ村 健康ブログ▲TOPへ







[糖質制限ダイエット] ブログ村キーワード

糖質ダイエットにご注意を  小豆沢定秀氏

健康:よもやま話

最近、炭水化物のみを制限する食事療法「低炭水化物(低糖質)ダイエット」が糖尿病治療に有効と考える方もおり、日本糖尿病学会は今年3月、炭水化物制限食については「根拠がなく、勧められない」との見解を発表しました。

三大栄養素の中で血糖を大きく上げるのは炭水化物ですが、ヒトはブドウ糖(炭水化物)をエネルギー源として体を動かしています。
糖質の代わりにエネルギーを脂質から得ようとすると、脂質異常症や有害物質(ケトン体)が産生され、タンパク質から得ようとすると、腎臓に大きな負担を掛けます。
タンパク質の過剰摂取は心臓病やガンのリスクも高めます。

現代人は、総カロリーや炭水化物の摂取はむしろ低下し、動物性脂肪が増えています。
これが欧米型肥満を引き起こし、糖尿病急増の一因と考えられます。

糖尿病治療には総カロリーの制限のもと、一定量の炭水化物を摂取するとともに、単純糖質や動物性脂肪を減らし、食物繊維を増やすなどの工夫が必要と言えます。
(あずきさわ内科クリニック院長・北國ドクターズクラブ会員、金沢市)

糖質ダイエット
北國新聞:平成25年7月27日朝刊


いつもありがとうございます! 応援いただけたら とても励みになります
人気ブログランキング】【 ブログ村 健康ブログ▲TOPへ







[抗酸化酵素] ブログ村キーワード

抗酸化で美肌を守る
丈夫がいいね・目指せ「美ボディー」 暑さに克つ

小麦色の日焼け肌が健康的ともてはやされたのは、もはや過去の話。
ジリジリと照り付ける夏の日差しは、紫外線によって細胞の老化を加速させ、肌を衰えさせる原因になる。

日傘や長袖、日焼け止めで防御を固める世の女性陣に、金沢学院大スポーツ健康学部の平下政美教授(60)は
「必死に紫外線を避けなくても、抗酸化力のある食べ物をしっかり取っていれば美しい肌を維持できます」とアドバイスする。

活性酸素が発生

体内では、細胞を傷付けてシミやしわ、がんなどの原因になる「活性酸素」が常に作られている。
紫外線を浴びると活性酸素が多く発生し、細胞へのダメージが増える。
さらに、暑いところで運動すると通常の数倍の活性酸素が出るともいわれ、夏場のスポーツや海遊びは肌に多大な負担を強いることになるのだ。

活性酸素の大量発生に対抗するには、食物に含まれる「抗酸化物質」を体内に取り込む必要がある。
代表的な抗酸化物質がビタミンCである。
非常に酸化しやすい性質を持つビタミンCは、細胞の身代わりとなって活性酸素の攻撃を受けてくれる、いわば避雷針のような役どころだ。

平下教授いわく、一流のアスリートらが野外で長く活動していてもピカピカの肌をしているのは、抗酸化物質の力をうまく利用しているからで、南米などではビーチバレーのお供にグレープフルーツを欠かせない。

除去酸素を合成

さらに強力な味方が、体内で合成される「活性酸素除去酵素」である。
活性酸素には幾つかの種類があり、有効な酵素もそれぞれ違うが、中でも平下教授が重要視するのは、ミネラルの一種であるマンガンを核にタンパク質が結び付いてできた酵素だ。
これは、細胞の中でエネルギーをつくり出すミトコンドリア内の活性酸素を取り除く働きがある。

マンガンを多く含む食材のうち平下教授のイチ押しは大葉で、「豆腐に大葉を添えれば最高の食べ合わせです」。
このほか、貝類やカレイなどもマンガンが豊富だという。

マンガンのほか、亜鉛も活性酸素除去酵素の主原料となる重要なミネラルだ。
亜鉛はカキ貝などに多く含まれ、今の時期なら大ぶりな身の岩ガキが旬を迎えている。

日差しを避けるだけでは、夏の紫外線対策としては「50点」ということだ。
ビタミン、ミネラルをしっかり取り、「内の備え」も万全を期したい。

抗酸化で美肌を守る
北国新聞:平成25年7月26日朝刊


→【カラダのキモチ 『あなたに忍びよる恐怖!活性酸素対策マニュアル』 の記事】
→【シミ、肌、髪の変化画像 平成24年5月17日の記事】


いつもありがとうございます! 応援いただけたら とても励みになります
人気ブログランキング】【 ブログ村 健康ブログ▲TOPへ







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。