3人の子育てもラストスパート!毎日が輝く笑顔であふれますように☆
ショック画像231114

ショック画像 11月14日の記事】
→【脱シリコン 11月17日の記事
→【うそみたい・・・11月27日の記事
→【毛先が人並みに? 12月20日の記事】

これが一番効いた!肌変化 24年12月の記事】

盛田屋さんの石けん しみが薄くなった

シミが薄くなった画像 の記事】
手作り化粧水・肌変化画像 の記事】
ほうれい線が薄くなった画像 の記事】
シンプルケア1年後の肌変化 の記事】
豆乳石けん10ヶ月使い続けた肌変化 の記事】
豆乳石けん使い続けて1年の肌変化 の記事】

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑ 応援いただけたら とても励みになります

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ぼちぼち行こう] ブログ村キーワード

3人の子供たちの育児に疲れた時、出会った絵本。
子供が巣立った後も、何かに行き詰れば、口にする「ぼちぼちいこか」

大好きな大好きな、子供より私が大好きな絵本「ぼちぼちいこか」の
児童文学作家:今江祥智氏の訃報。
すごく寂しい。

お写真からあふれる優しさが、ぼち君(ぼちぼちいこかのカバ君を勝手に命名)の
まあるい柔らかな曲線と重なります。
人生で大切なものとは何か、わかりやすく丁寧に教えてくださった作品。

素晴らしいお言葉を、心の深いところまで届けてくださいまして
本当にありがとうございました。

ぼちぼちいこかと一緒に育児ができたことに感謝しています。
ありがとうございました。



→【求む!関西圏の方 平成19年2月13日の記事】

児童文学作家の今江祥智さん死去
2015年3月20日15時10分

「ぼんぼん」「優しさごっこ」などの作品で知られる児童文学作家の今江祥智(いまえ・よしとも)さんが20日、肝臓がんで死去した。83歳だった。通夜は22日午後7時、葬儀は23日午後2時から京都市東山区五条橋東3の390の公益社中央ブライトホールで。喪主は妻栄里子(えりこ)さん。

大阪市に生まれ、大阪大空襲を経験。終戦後、同志社大学で英文学を学んだ。名古屋で中学校の英語教師を務める傍ら、雑誌や新聞に作品を発表し、1960年に上京、編集者として福音館書店などの出版社に勤めながら執筆活動を続けた。68年に関西に戻り、活動拠点を京都に置いた。

空襲などの戦争体験を投影した代表作「ぼんぼん」(73年)で日本児童文学者協会賞。「兄貴」(76年)で野間児童文芸賞。80年には「優しさごっこ」がNHKでドラマ化され、81年には児童文学誌「飛ぶ教室」の創刊に尽力。88年に「ぼんぼん」「兄貴」「おれたちのおふくろ」「牧歌」の4部作で路傍の石文学賞を、「いろはにほへと」(2004年)で日本絵本賞を受賞した。

漫画家の手塚治虫さん、作家の灰谷健次郎さん、詩人の谷川俊太郎さんらと交流があった。翻訳者としても活躍し、全文関西弁の絵本「ぼちぼちいこか」、W・サローヤンの長編「ワン デイ イン ニューヨーク」などを手がけた。


ぼちぼちいこか

いつもありがとうございます! 応援いただけたら とても励みになります
人気ブログランキング】【 ブログ村 健康ブログ▲TOPへ









スポンサーサイト
[だるまちゃんとてんぐちゃん] ブログ村キーワード

朝夕の涼しくなって、本を読む時間が楽しみになった。

子供が小さい時、一緒に読んだ絵本。
だるまちゃん、の響きが懐かしくて手にした「未来のだるまちゃんへ」
未来のだるまちゃんへ
未来のだるまちゃんへ : 加古里子著
1926年3月31日生まれ。御年88歳!
戦争。
1945年を境に、それまで信じられたこと全てが覆される、否定される。
自分が一生懸命悩み考え決意した事が、否定される。
そんな時代があった。
子供達に真実を教えなければいけない、大人や社会、すべて正しい訳ではないこと。

航空艦隊を志すも体力検査で不合格となり、多くの仲間は戦地で命を落とした。
「生き残り」ではなく「死に損ない」と自らに絶望し、
昭和20年以降、子供達の未来のために人生をささげることを決意される。

大空襲、食糧不足、外国語規制、終戦、戦後、高度成長、東日本大震災・・・
激動の時代を生き抜き、見てきた社会の裏表を
かこさとし氏の鋭くも優しい言葉で書かれた「未来のだるまちゃんへ」。

学校の机で学んだ歴史のうすっぺらいこと。
語る人がいないと、知らないまま終わっていく恐ろしさを感じた。


子供は言葉の数が少ないから、心のうちをうまく伝えることができない。
でも、ちゃんと考えてる。
子供ながらに一生懸命。大人以上に考えてる。

そのエピソードが書かれた絵本。
それこそ子供達が大好きだった「だるまちゃんシリーズ」

2ページいっぱいに、描かれた想像力豊かな「欲しいもの」
帽子だったり、うちわだったり、はなだったり。

「どれが好き?」大人が聞かなくても
子供は「これー」「こんなのもあるー」とはしゃぎ、そのページからなかなか進まなかった。

大人(特に父親)は普段子供に時間を割くことができず、少し高価なおもちゃなどで、その罪滅ぼしをする。
「どうだ!嬉しいだろう。」

子供が望んだのはお金で買えるおもちゃじゃない。
でも、親を悲しませることは出来ない。
何もいえず、高価なおもちゃを手にがっかりする。

だるまちゃんがねだるモノを、得意になって並べる「だるまどん(だるまちゃんのお父さん)」
だるまちゃんのグルグルの目がもっとグルグルになって
「違うよ違うよ全然違うよ!」

無邪気に子供と笑ったあの頃。かこさとし氏が、伝えたかった「子供の叫び」。
もう、あの時の私、完全に勘違いしてました。
全然違ってました。

大間違いのトンチンカン!!!

子供の好奇心をくすぐり、さらに先へ伸ばし広げるために
力強く生きるために、正しい知識、公平な世界観を見出せるように、
そんな願いが込められた、かこさとし氏の絵本の数々。

また自分のために読み返そう。
親として子供と向き合ったあの頃の自分に会うために。
大人になって固まった心を少しでも溶かすために。

ぶっくくらぶ1
お嫁入りした絵本は、誰かがどこかで楽しんでるかな。
→【絵本1冊分の幸せ 平成23年10月4日の記事】

からすのパンやさんは、今日も大忙しかな。
どろぼうがっこうは、今夜も遠足、ぬきあしさしあししのびあし・・・
かみなりちゃん、カミナリ町のプールで遊んでるかな。

子供と共通の思い出があるってすごく嬉しい。
美しい言葉って素晴しい!絵本の力に感謝します。

いつもありがとうございます! 応援いただけたら とても励みになります
人気ブログランキング】【 ブログ村 健康ブログ▲TOPへ







[絵本館] ブログ村キーワード

紙結い第4号、いただきました。
何度かブログで紹介してるけど。

子供達が小さい頃、お世話になった「童話館・ぶっくくらぶ」さんから。
1030紙結い
わたしが子どもだったころ、毎月、絵本が届いていた。
絵本によって、天の行いをなす人たち

年齢に応じた絵本が毎月届けられるシステム。
紙結いでは
「こどもだったころ」の人たちが、かつてと今の自分について語ってくれています。


3歳の頃ー5歳の頃ー7歳の頃ー
日本のどこかで、同じ絵本を読んでもらって育った人がいる、
それだけでも想像してワクワク、その大きくなった方が語る言葉は
自分の子どももこんな風に思ってくれたらいいな。との思いに重なります。

たくさんの素敵な親子の時間をくれた絵本。
子供達3人は今、どう思ってるのかな。

今回の「紙結い」で、会員当時1才~15才、現在19才で保育を目指す方が
「絵本の読み聞かせの授業で、図書館で絵本を選ぶときも迷うことなく書棚から取り出すことが出来て、ああ、これまでの絵本との出会いは財産だなと思います」
この一言がすっごく嬉しかった!我が子のように。

そしてずっと謎だった絵本

【送料無料】三びきのやぎのがらがらどん
がらがらどんの意味がやっと分かった!

子供達に人気がある本、大人では頭で考えてしまって理解できない。
そんな時間を埋めてくれるのも絵本。
教えてくれたのも絵本。

お嫁入りした絵本たち→【絵本1冊分の幸せ
「被災地の子供たちに絵本を届けよう」
「子供達に好きな本を選ばせてあげられる」ボランティアの方の一言が印象的だった。
ぶっくくらぶ1
ぶっくくらぶ2
ぶっくくらぶ3
タイトルを見ただけでその世界に入れる。

そして
笹倉剛氏(神戸親和女子大学文学部総合文化学科教授)と
童話館グループ代表 川端強氏との連載。

(絵本を読むこと)善意の行いと自負している人がいるようですが、善意は往々にして迷惑となり、害を及ぼすことを知らねばなりませんね。
子どもたちの朝の貴重な時間を、つまらない絵本を読むことで奪い去るなど、犯罪的な迷惑行為です。
と私は言っているのです。でも、この「選ぶ」というのが最もむずかしい。


ただ絵本を読み聞かせただけ、でも本質は厳選された絵本に囲まれた育児時間であったことを改めて幸せに思います。
絵本の力を教えてくださった、童話館・ぶっくくらぶさんに感謝を込めて。

読書週間、本屋に立ち寄りたくなった。
童話館ぶっくくらぶ→【HP

→【絵本に感謝!紙結いに感謝!の記事】
→【絵本 絵本 絵本 の記事】

いつもありがとうございます! 応援いただけたら とても励みになります
人気ブログランキング】【 ブログ村 健康ブログ▲TOPへ






[絵本] ブログ村キーワード

絵本の力信じてます。

「被災地の子供たちに絵本を届けよう」
新聞記事を見つけて、我が家の絵本もお嫁入り。
ブッククラブ絵本

童話館絵本
いままでありがとう。
ずっとずっとありがとう。

今度は、どこかの誰かが少しでも絵本の世界で
笑顔になってくれますように。

「お嫁入り」って言葉がいけないのか、涙が止まらなかった。
今もタイプ打ちながら涙こらえてる→in職場w

でももう大丈夫!
信じてるよ絵本の力!つながる力!

→【絵本と子育て の記事】
→【絵本との出会い の記事】

いつもありがとうございます! 応援いただけたら とても励みになります
人気ブログランキング】【 ブログ村 健康ブログ▲TOPへ







[真ん中] ブログ村キーワード

悠仁様、5歳のお誕生日おめでとうございます!!


昨日いただいたコメントで

>上のお姉ちゃんは、生まれてすぐ一人の時間をかけてあげられたから、
>今度は妹さんが独り占めの番かな。
>あ、そうすると、真ん中は??

もし、子供が3人とも同性だったら、真ん中はすねたかも(私は3姉妹の3番目)

上と下が女で、真ん中が男だったから
長男は平和に過ごせたと思う。

変わった事をすれば「男の子だから」
暴れれば「男の子だから」
わがまま言えば「男の子だから」
まーなんでもそれで許されたところがあるよーな?

同性、母親から見る女の子の1つ1つが、イラっとする事ありません?
私は酷かったなぁ。

イライラしがちな子育て中、絵本からたくさんの幸せをもらった。
ピカピカの春にプレゼントの記事】

子供の年齢に合った絵本が毎月送られて来る。
このシステムのおかげで、真ん中は、一番喜んでた。

長女の年齢→次女にとって難しい本も
次女の年齢→長女には物足りない絵本も
真ん中の長男は、すいすい世界に入っていったと思う。

070211_1621~01

小さい頭3つ並べ「おかーさんの横が良い!」と喧嘩しながら、
1冊の絵本の世界に想像を膨らませた時が懐かしい。


やんちゃ坊主だった長男も今日二十歳。
たくさんの笑いをいつもありがとう!

→【アルバムには漢字での記事】
→エチカの鏡【生まれ順の記事】

いつもありがとうございます! 応援いただけたら とても励みになります
人気ブログランキング】【 ブログ村 健康ブログ▲TOPへ











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。