3人の子育てもラストスパート!毎日が輝く笑顔であふれますように☆
ショック画像231114

ショック画像 11月14日の記事】
→【脱シリコン 11月17日の記事
→【うそみたい・・・11月27日の記事
→【毛先が人並みに? 12月20日の記事】

これが一番効いた!肌変化 24年12月の記事】

盛田屋さんの石けん しみが薄くなった

シミが薄くなった画像 の記事】
手作り化粧水・肌変化画像 の記事】
ほうれい線が薄くなった画像 の記事】
シンプルケア1年後の肌変化 の記事】
豆乳石けん10ヶ月使い続けた肌変化 の記事】
豆乳石けん使い続けて1年の肌変化 の記事】

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑ 応援いただけたら とても励みになります

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[脳科学] ブログ村キーワード

9月5日(日)放送 エチカの鏡‐ココロにキクテレビ‐
・司会:タモリ
・進行:高島彩(フジテレビアナウンサー)
・スタジオゲスト:茂木健一郎・和田アキ子・IMALU・田村淳

テーマ:『ボケないために脳と認知症のスペシャリストは何をしているのか?』

趣味編
脳・認知症のスペシャリスト13人がボケないために実践している事「趣味編」
■周東寛氏
・カラオケを歌う・川柳を詠む・ゴキブリ体操をする
■須藤珠水氏
・麻雀をする
■久保田カヨ子氏
・帽子を編む・畑仕事をする
■篠原菊紀氏
・妻に「大好き」と1日数回メールする


周東氏
南越谷 健身会クリニック院長・医学博士:周東寛氏(58歳)
プロフィール
認知症予防に「カラオケ療法」を推奨 予防医学の重要性を説く
周東氏1
認知症予防に効果的なカラオケ療法ー歌詞を丸暗記して歌う・異性の歌を歌う

●周東寛先生のボケ防止法
カラオケを歌う
カラオケ
歌詞を暗記して歌う→記憶力を高める→左脳と右脳が活性化→ボケ防止

川柳を詠む
川柳
今のことを表現しようと構成するのが右脳
一生懸命考えるのが前頭葉 (文字を)並び替えて5・7・5で考えるのが左脳
(川柳は)脳全体を活性化するのにボケ防止に絶対言いと思います

ゴキブリ体操をする
ボケ防止のゴキブリ体操
ゴキブリ体操1
1.腰の下に座布団をしき背中と足が床につかないよう手足を自由に動かす
ゴキブリ体操2
2.休憩を挟みながら最低5分は続ける
大腰筋の血流を良くし脳を活性化させボケ防止にも効果的

須藤氏
日本学術振興会特別研究員 須藤珠水氏(35歳)
プロフィール
自己・他者との認知機能について研究「脳を活かす子育て術」を執筆
須藤氏1
学生時代から茂木先生の研究室に所属

●須藤珠水先生のボケ防止法
麻雀をする
仕事の合間に麻雀をするという須藤先生は元プロ雀士
麻雀
麻雀は一手一手ごとに状況が変わる→変化する状況に対応→ボケ防止
4人で打つ事でコミュニケーションが取れボケ防止に効果的
都内にあるこちらの雀荘では多くの高齢者が集まっている
お客様 お客様1
お客様の声(98歳)
麻雀が生き甲斐なんですよ そうじゃなかったらもうとっくにボケていると思います


久保田氏3 久保田氏 
愛知県犬山市・株式会社脳研工房 脳科学おばあちゃん:久保田カヨ子氏(78歳)
久保田氏1 久保田氏2
脳科学育児のカリスマ的存在 夫は脳科学の世界的権威・京都大学名誉教授:久保田競氏
 
●久保田カヨ子先生のボケ防止法
帽子を編む
帽子 編み物
トレードマークの帽子は本人の手作り、サイズやデザインはすべて頭の中、2時間で完成
DVDを鑑賞しながらほぼ毎日編む
手先をリズミカルに動かす→脳全体を使い活性化させる
加齢により全身運動が出来なくなった場合手先や足先の作業でも脳活性化の効果がある


畑仕事をする
農作業 農作業1
生き物を育てるという事なんです 犬でも盆栽でもいいうちはベランダだから出来ないのって言う人がいるの
農作業2 農作業3
べランダの日光だとかベランダの熱はどうなっているんだろうか
それに対して広っぱで作るのとそういうので作るのでは違うから
それをマスターしてみよう

「生物を育てる」
環境や栄養の与え方で結果が大きく変化 脳を最大限にトレーニングする!!
久保田氏4
ボケ防止には孫の面倒や地域に貢献する事が一番


篠原氏
諏訪東京理科大学教授:篠原菊紀氏(50歳
プロフィール
さまざまな場面での脳内活動を測定する脳のスペシャリスト
篠原氏1
様々な場面での脳活動を測定する脳神経科学者

●篠原菊紀先生のボケ防止法
妻に「大好き」と1日数回メールする
先生が奥様に送っているラブメールを拝見
メール1 メール2
女房の事を「まじゅー」とか言いますけど ざぶらぶーラブがザブザブ降るくらいある
メール3 
チューしてる顔で
メール4
スタッフ:好きすぎてお手上げみたいな
篠原氏:そういう事です
メール5 メール6
恋をしている人の脳活動は分析する事ができるようになってきた
ドーパミン神経系が恋をしていると活発に働く
恋をする→やる気の維持→ボケ防止に繋がる

いつまでも夫婦仲良く愛し合うこと


足
タモリ氏:足でやるってのもいいんだ
茂木氏2
茂木氏:怒られるようなことやるのが脳の認知症予防になる


【エチカの鏡1 日常生活編 松川氏・米山氏・田中氏・霜田氏
【エチカの鏡2 運動編 古賀氏・寺沢氏・柳澤氏・田中氏・茂木氏
【エチカの鏡3 認知症・危険度チェック
エチカの鏡→【記事一覧

スポンサーサイト
9月5日(日)放送 エチカの鏡‐ココロにキクテレビ‐
・司会:タモリ
・進行:高島彩(フジテレビアナウンサー)
・スタジオゲスト:茂木健一郎・和田アキ子・IMALU・田村淳

テーマ:『ボケないために脳と認知症のスペシャリストは何をしているのか?』

茂木健一郎氏:
大人になると遊びをしなくなる、意味のある事しかしなくなる
これが脳にとってはとても危険な事

簡単に出来る認知症予防法!
実際に(認知症治療の)現場で実践されてる「子供の頃を思い出していただく」
回想法
回想法
幼い頃住んでいた家の間取り図を描く
イマルさんイマルさん1
IMALUさん
田村さん
田村さん
タモリさん タモリさん1
タモリさん

普段使ってない脳の回路が活性化している
例えば小学校の時好きだった子の名前特徴を書いてみる
通学路とかもいい


認知症危険度チェック!
危険度
1分間にどれだけ多くの単語を思い出すことが出来るか?
和田さん
和田アキ子さん 12コクリア!
タモリ氏2
タモリ氏 12コクリア!
危険度1
軽・中度の認知症で前頭野機能に障害がある場合
4?5コしかあげることが出来ない

【エチカの鏡1 日常生活編 松川氏・米山氏・田中氏・霜田氏
【エチカの鏡2 運動編 古賀氏・寺沢氏・柳澤氏・田中氏・茂木氏
【エチカの鏡4 趣味編 周東氏・須藤氏・久保田氏・篠原氏
エチカの鏡→【記事一覧


9月5日(日)放送 エチカの鏡‐ココロにキクテレビ‐
・司会:タモリ
・進行:高島彩(フジテレビアナウンサー)
・スタジオゲスト:茂木健一郎・和田アキ子・IMARU・田村淳

テーマ:『ボケないために脳と認知症のスペシャリストは何をしているのか?』
運動編
脳・認知症のスペシャリスト13人がボケないために実践している事「運動編」
■古賀良彦氏
・自転車に乗る
■寺沢宏次氏
・シコを踏む
■柳澤秋孝氏
・バック転をする・クマさん歩きをする
■田中志子氏
・鉄を入れたスニーカーを履く
■茂木健一郎氏
・蝶を観察しながらジョギングをする
・ブランコで靴飛ばしをやる

古賀氏
杏林大学医学部精神神経科教授・医学博士:古賀良彦氏(63歳)
プロフィール
認知症予防法や脳の老化防止として「回想法」を推奨
古賀氏1
脳機能画像を用いて精神生理学を研究する脳のスペシャリスト

●古賀良彦先生のボケ防止法
自転車に乗る
ロードバイク 自転車
本格的な服装で古賀先生登場
自慢のロードバイク、変速機は電動式にカスタム
かけた費用は軽自動車1台分 他にも自転車を10台保有
多摩川サイクリングコースを毎週2時間約40キロ走っている

自転車は身体を使う→実は脳を使っている
人を認知・避けようと判断・ハンドルをきる→認知・判断・行動を瞬時に行う→ボケ防止

寺沢氏
信州大学教育学部教授・医学博士:寺沢宏次氏(50歳)
プロフィール
大脳活動と運動やコミュニケーションとの関係を研究
寺沢氏1
高齢者の脳と運動能力との関係について研究している脳のスペシャリスト

●寺沢宏次先生のボケ防止法
シコを踏む
朝と夜は家出昼間は研究室でシコを踏んでいる
ボケ防止のシコの踏み方
シコ1
1.足を肩幅より少し広めに開き片足を振り下ろし腰を落とす
シコ2
2.前傾になっている上半身を地面に垂直になるようにする
シコ3
3.膝に置いていた両手を身体の後ろに下ろし30秒数える
シコを踏む→背骨の状況を整える効果がある
小脳・運動野・頭頂葉・前頭前野が活性化→認知症に有効的→ボケ防止

柳澤氏
松本短期大学幼児教育学科教授:柳澤秋孝氏(56歳)
プロフィール
脳と運動の関係を研究 大脳活動を発達させる「柳澤運動プログラム」を提唱
柳澤氏1
脳と運動の関係性について研究している脳のスペシャリスト

●柳澤秋孝先生のボケ防止法
バック転をする
人間の身体は筋肉を動かす時→運動野から電流を流す
バック転は全身の筋肉運動→脳が活性化→ボケ防止

バック転は普通の人にはできないー一般の人にも簡単に出来るボケ防止法
クマさん クマさん1
クマさん歩きー四つん這いになり両手両足を大きく動かす歩きかた
全身の筋肉を使う事ができバック転をするのと同じ効果がある
子クマ
おじいちゃんおばあちゃんクマさんと子グマというイメージで部屋の中でやればいい運動になりますよ

田中さん
いきいきクリニック院長・医学博士:田中志子氏(44歳)
プロフィール
認知症患者の医療と介護を行う認知症専門医
田中先生
日本認知症学会指導医として活躍する認知症のスペシャリスト

●田中志子先生のボケ防止法
鉄を入れたスニーカーを履く
鉄入り 鉄入り1
インターネットで12500円で購入 重さ2.55キログラム
負荷がかかり大腿の筋肉を強化する→脳が活性化→認知症予防になる

筋肉が加齢に伴い減少することで日常の生活活動が低下
脳の活性化が妨げられる事が近年問題視されている
普段の生活に筋トレを自然に取り入れる事がボケ防止に繋がる

田中先生:
1万歩以上歩いてる、主婦とかだと忙しいのでスポーツクラブに行ける方ばかりではない
日々の中で出来る事というのでは非常に手っ取り早かった
私はもし認知症になってしまったとしても自信を持って自分らしく生活が続けられるような
地域を作るという事が大事だと思います

茂木氏
脳科学者:茂木健一郎氏(47歳)
プロフィール
脳と心の関係を研究 脳に関する解説書を多く執筆する脳科学者

●茂木健一郎先生のボケ防止法
蝶を観察しながらジョギングする

普通のジョギングじゃない
ジョギングしながら蝶とか観察しているー蝶と追いかけっこしながら走る
ただ走るだけだと野性味が足りない「蝶のように走る」モハメド・アリみたいな
普段人が走らないような道を走り蝶を観察するのが茂木先生流のジョギング法
このジョギングを茂木先生は5歳の頃から行っている
ナガサキアゲハ
ナガサキアゲハ
日本産のチョウでは最大級の南方系のチョウ類、温暖化の影響で生息域が北上している
茂木氏1
これはレア!ちょっと幸せな気持ちになりました

走っててこういうサプライズがあるからやっぱり蝶ジョギングはやめられませんな
もともとトレーニングの理論でマッスルコンフュージョンというのがあって、いつも同じ負荷をかけたりすると身体が慣れてダメになる
脳も同じで脳をコンフュージョンちょっと混乱させるというか、いきなり走り出したり止まったり
蝶がいたら追いかけたりとかわざと人が歩かないような道、草の中に入ったりとかそういう事をする事によって
脳に刺激を与えられるんです
サプライズがあったり予測できない事があったり、これが認知症予防になるのです

ブランコで靴飛ばしをやる(ジョギング中に必ずやる)
靴飛ばし 靴飛ばし1
遊び心を忘れないってのは本当に頭(脳)を若く保つためには一番大事な事
遊びっていうのは脳の回路を案外まんべんなく使っているんです
仕事って1つの事を集中してるとある特定の回路しか使われない事が多いですけど
遊びって本当にいろんな回路をまんべんなく使うのである意味では脳をフル回転しないと遊べない
特に「靴飛ばし」みたいなバカらしい遊びほどいいんじゃないですかね

スタッフ:1人だとちょっと抵抗無いですか?
茂木氏:子供の頃ってそういう事って恥ずかしいと思わないでしょ?
大人になると恥ずかしいと思う事によって脳の本来持っている能力を発揮できないでいるんです
「靴飛ばし」を恥ずかしいと思わずやれる人は何歳になっても脳が若い人

【エチカの鏡1 日常生活編 松川氏・米山氏・田中氏・霜田氏
【エチカの鏡3 危険度チェック・回想法
【エチカの鏡4 趣味編 周東氏・須藤氏・久保田氏・篠原氏
エチカの鏡→【記事一覧


[ボケ防止] ブログ村キーワード

9月5日(日)放送 エチカの鏡‐ココロにキクテレビ‐
・司会:タモリ
・進行:高島彩(フジテレビアナウンサー)
・スタジオゲスト:茂木健一郎・和田アキ子・IMALU・田村淳

テーマ:『ボケないために脳と認知症のスペシャリストは何をしているのか?』
日常生活編
脳・認知症のスペシャリスト13人がボケないために実践している事「日常生活編」
■松川フレディ氏
・ナンバープレートの語呂合わせをする
・足指でジャンケンをする
■米山公啓氏
・新しい物を買う
■田中冨久子氏
・料理をしっかり作る
■霜田里絵氏
・いつもの散歩道を逆回りに歩く
・毎朝カフェで40分間瞑想する

茂木さん
茂木健一郎氏:
やらないと10年後20年後にずいぶん変わりますよ!
(脳の能力が)下がっててもまたここから上げていけばいいんです
今日から始めればまた少しずつ上がっていきます

松川氏
湘南長寿園病院院長・医学博士:松川フレディ氏(63歳)
プロフィール
「ボケない人」であるための生活習慣や健康問題を分かりやすく説く認知症専門医
松川氏1
ボケないための方法ー散歩をする・日記をつける・恋をする

●松川フレディ先生のボケ防止法
ナンバープレートの語呂合わせをする
ナンバープレートの数字から自分は何を思い出すだろう
特に関係のない数字だと思った場合は語呂合わせをします
語呂合わせ
53-71・・・・誤算無い、48-90・・・・シバくど、55-18・・・・午後はいいわ、79-08・・・・泣くとはなぁ
短時間で数字を読み取り語呂合わせをする
言語や過去の記憶などにアクセスし脳が活性化しボケにくくなる
足の指でジャンケンする
足指ジャンケン 足指
足の指はなかなか使わない→足の指を司る脳は衰えていく
手を使い足を使わないと→脳の使い方のバランスが悪くなる
特に足の指を使うことで→脳をバランスよく使う→ボケ防止
落し物 ゴミ
足の指で落し物を拾う、ゴミを足で捨てるのも効果的

米山氏
米山医院院長・医学博士:米山公啓氏(58歳)
プロフィール
脳に関する著書を200冊以上発表している脳のスペシャリスト
米山氏1
脳の衰えを食い止める方法ー普段やらない事をする・日記を書く

●米山公啓先生のボケ防止法
新しい物を買う
新しい物を誰よりも早く手に入れる
ネットショッピングが一番早く確実に買えるので普段ネットを利用
新製品米山氏2
新製品が出るたびに購入
何かを買うという事は緊張感を伴う
「無駄になるかも」という緊張感→脳を活性化させる
「損をするかも」という緊張感が脳内にアドレナリンを放出し活性化
買ったものの使用法を学ぶ事で新ネットワークができボケにくい脳になる


田中氏
みなとみらいクリニック医師・医学博士:田中冨久子氏(71歳)
プロフィール
「女の脳・男の脳」の著者、脳の性差研究の第一人者、ホルモン補充療法に力を入れている
田中氏1
女性の脳や身体の働きを活性化する
ホルモン補充療法に力をいれている脳科学の権威

●田中冨久子先生のボケ防止法
料理をしっかり作る
田中先生は現在1人暮らし、毎夕食のおかずを2品以上作ることにしている
ボケ防止の料理法
1.買ってきた肉は1食分に分けて冷凍する
冷凍
2.献立は家にある野菜を思い出しながら仕事帰りに考える
献立
3.複数の作業を段取りよく進めることが良い
段取り
献立を色々考える事が良い→脳内にアセチルコリンが分泌
アセチルコリン
認知症予防で注目されている神経伝達物質
アルツハイマー病や認知症の患者はアセチルコリンが欠乏している
夕食
段取りを考え手先を使い料理をする事は認知症予防に繋がる

霜田氏
銀座内科・神経内科クリニック院長・医学博士:霜田里絵氏(46歳)
プロフィール
脳を磨く事で心と体を美しくする「美人脳」を提案
霜田氏1
脳梗塞屋アルツハイマーなど脳に関する疾病が専門のスペシャリスト
78歳で1人暮らしの父にあるアドバイスをしている

●霜田里絵先生・父のボケ防止法
いつもの散歩道を逆回りに歩く
霜田先生:空間を認知する力がすごく増すと思うので勧めてみました
お父様:(散歩の)感じがまるで違います、結構難しくて時々間違えたりする
散歩
同じ道でも逆回りに歩くだけで新鮮な感覚を味わえボケ防止に効果的
先生ご自身毎朝カフェで40分間瞑想する
瞑想
「本日のコーヒー」を注文しお気に入りの場所へ、40分間瞑想
40分間瞑想する→セロトニンの分泌量が増す
心を安定させ不安感がなくなる→ボケ防止

茂木健一郎氏:
瞑想って脳が休んでる状態とは違います、脳をヒマにしないと活動しない
瞑想1
デフォルト・ネットワークー無意識・休息時に働く脳回路
瞑想とは・・・・脳のデフォルト・ネットワークを活性化させる行為

タモリ氏:
毎週新幹線に50分ぐらい乗るんですけど窓から景色を見てると色んな瞑想が乗っ掛かってくるんです
タモリ氏 タモリ氏1
この土地は何万年ぐらい前の地層だろう?この谷は絶対川が500年くらい前には流れていたはず
茂木健一郎氏:
まさにそれが瞑想ってことです!休んでいる状態とは違う
脳が本来の自分を取り戻して活発に働いている状態が瞑想


【エチカの鏡2 運動編 古賀氏・寺沢氏・柳澤氏・田中氏・茂木氏
【エチカの鏡3 危険度チェック・回想法
【エチカの鏡4 趣味編 周東氏・須藤氏・久保田氏・篠原氏
エチカの鏡→【記事一覧

8月29日(日)放送 カラダのキモチ
TBSテレビ・7:00?7:30
MC:三宅裕司・進行:根本美緒(気象予報士) プレゼンター:半田健人
ゲスト:ジュディ・オング

テーマ『人体に広がる神秘の宇宙!2010年カラダの旅』
人体は宇宙の模型 
レオナルド・ダ・ヴィンチ(1452?1519)

ジュディ・オングさん:「ミクロの決死圏」が大好き人体の神秘にとても興味があります
ジュディオング
ミクロの決死圏(1966年アメリカ)
脳出血を起こした科学者の体内に縮小した医療チームが潜入する冒険SF映画

小室氏
早稲田大学人間科学学術院人間科学部教授・医学博士:小室輝昌氏
光の変わりに電子線、走査型電子顕微鏡で見てみましょう
走査型電子顕微鏡
走査型電子顕微鏡
顕微鏡内を真空状態にして電子を当てることでデータを得る
対象物の表面の形状や凹凸を観察するのに優れた性能を持つ

○電子顕微鏡で見るミクロの世界
髪の毛とか爪でしたら割と簡単に標本が出来ます
実際髪の毛を見てみると
髪の毛×100髪の毛1×700
ウロコ状になっていますが髪の毛が表皮の細胞と同じく重なって出来ているという一つの証拠
動物の舌×410動物の舌1
動物の舌
糸状乳頭ーのど方向に食べ物が行くように向きが統一されている
血管×1600繊毛
血管
繊毛ー1本1本が個別に動き入ってくるゴミ等を体外に排出している

○2010年ミクロのカラダの旅
胃の内壁
胃の内壁(×1500)
胃小窩(いしょうか)という穴から胃酸を出している、本来は粘液が覆っていて胃を守っている
小腸
小腸の内壁(×50)
柔毛と呼ばれる突起で表面積を増やし栄養を吸収しやすくしている
赤血球
赤血球(×4000)
効率的に酸素を運ぶため中央部をくぼませて表面積を増やしている
宇宙戦争 マクロファージ
宇宙戦争?免疫対細菌の壮絶な戦い

○最先端の技術で見る体内の映像
栗原氏
東京都練馬区・練馬総合病院内視鏡センター長・医学博士:栗原直人氏
内視鏡で見る体内
声帯声帯気管
食道食道心臓心臓
食道1
正常な食道と逆流性食道炎
胃胃1胃腸炎と胃がん
胃と食道・十二指腸だけでなく小腸とか大腸とか色んな臓器を内視鏡で観察できる

膀胱
膀胱の内視鏡映像 映像提供:練馬総合病院泌尿器科 林暁先生
子宮
子宮の内視鏡映像 映像提供:練馬総合病院婦人科 永谷みどり先生
腎臓
腎臓の内視鏡映像 映像提供:練馬総合病院泌尿器科 林暁先生

白神氏
東京都大田区 東邦大学医療センター大森病院放射線科・准教授・医学博士:白神伸之氏
CTの発達によって非常に細かい画が撮れるようになってきたので内視鏡で見たような画をCTで再構成できる
これを仮想内視鏡といいます
その技術を色々な臓器に応用して診断に役立てています

仮想内視鏡とは?
○ピーマン
ピーマン ピーマン1
CTで撮影 断面を細かく何枚も撮影 多方面からの断面図が見られるようになる
ピーマン2 ピーマン3
CGで仮想のピーマンを作成 内視鏡のように中を見られる
仮想内視鏡
仮想内視鏡の胃がん画像
大腸 大腸1
大腸の仮想内視鏡画像
骨
仮想内視鏡ー胃や大腸などの臓器のほか骨や血管の中も見える
心臓1
心臓の冠動脈の内部 直径約4mm
身体の不自由な方や寝たきりの方の検査には有用だと思っています


東京都練馬区・練馬総合病院内視鏡センター長・医学博士:栗原直人氏
・仮想内視鏡
1990年代に登場、大腸の検診を中心に使われている
・仮想内視鏡と内視鏡
実際に検査する際は2つの内視鏡を併用するのが望ましい
・内視鏡の歴史
生きている人体で初めて見られた部位は膀胱で約200年前と言われている
出典:消化管内視鏡の発展を辿る丹羽寛文著 考古堂書店出版
内視鏡の歴史
内視鏡の歴史
胃の中を見たのは1868年 剣を飲み込む大道芸人に検査を依頼した
出典:消化管内視鏡の発展を辿る丹羽寛文著 考古堂書店出版
内視鏡
初期のものは棒状だったため胃・大腸(おしり)・膀胱が見やすかった
今まで発見できなかった病気が画像診断技術の発展で見つかるようになった

カラダのキモチ【記事一覧


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。