FC2ブログ
 
3人の子育てもラストスパート!毎日が輝く笑顔であふれますように☆
記事を書こう!とは思うけど やっぱりまだ気にしてるのか書けない。
心の片隅にある記憶、気にしても仕方が無いのに。

ブログに父のことを書かないのは
まだ現実として乗り越えられないでいるからかも知れない。

「書く」作業で、現実と頭の中と止まってしまった心の中の時計をリセットして
心を強く出来ますよう・・・。


21歳の時母が他界、22歳で家を継ぎ、24歳で長女出産・・・。

生活リズムが落ち着いてきたものの
何となく何かにすがりたくて
その頃ブームだった「水晶」を購入し父に渡した。

肌身離さず身につけていた父
お正月休みが終わり、さぁ今日から仕事、1月5日の朝。

「これ、切れたぞ」

【水晶が切れる】
水晶パワーを全面的に信じていた私は大パニック。

「お父さんどこか悪いトコない?大丈夫?」
「いや全然ない、当たり前だろ、仕事、仕事」

受け取った水晶がもう切れないよう、テグスでつなぎ合わせた。


母が49歳、祖母が69歳で他界しているので
自分の29歳が怖くてしょうがなかった。


母との夢の会話
「喉が苦しい 苦しい」
「お母さん、死んでるのになんで喉が苦しいって言うの?どうすればいい?」

何度も見た夢が怖くて、それからは仏壇におぼく様と一緒にお水を添える事にした。
夢は見なくなった。



1年後の1月5日父が永眠、喉頭癌。


昭和40年生まれの私、父は昭和10年、享年59歳。
水晶はもう知らせてくれなかった。


毎年、年賀状は住所録にチェックをつけ、
「これ出しておいて」といっていたのに
その年は発売と同時に自分で全て手書きで書き始めていた。

後から嫁いだ姉に聞いた
「この年の年賀状に今までありがとう、お世話になりました」
震えた文字で書かれていた、と。

生前用意したカラーでにっこり笑っている遺影。

かっこよすぎるよ、お父さん。
悲しすぎるよ、お父さん。


今、言って欲しい言葉「気にするな」


関連記事

コメント
この記事へのコメント
こばんは(*^_^*)アイルーです。ずっとずっと、なんてコメしていいのか分からなかったsakiサンのこのブログ…。辛い思いをたくさんしたんだねって声をかけてあげたい…何で今…このブログのコメしてるのかな?…私、sakiサンのブログを通して、sakiさんが今、自分の家族や自分自身をとても大切にしている事がとても素敵に見えるのは…sakiさんが色々な言葉に出来ない体験をしてきたからなんだね…と思ったから…ありきたりだけど…お互い頑張ろうね!たまには(私はしょっちゅうだけど)手抜きして、心も体も休めようね=^_^=あっ!それから、歳一緒かも!えへへ!無理しないでのんびりしようね~それでは(@^^)/~~~
2009/06/23(火) 19:56 | URL | アイルー #kS3giCOU[ 編集]
★アイルー様
こちらの記事も読んでいただいて
ありがとうございます!

コメントを何度も何度も読み返し
いろんな事がよみがえり 思い出し、そして泣いています。

平均寿命より少し早い別れだったかもしれないけど
そのおかげで学んだり経験できた事がたくさん。
今こうしていられるのも原点はここ。
「いつか家族が思い出してくれる時笑ってる自分だったら嬉しいな」

記憶に「料理の味とかその時々の状況」が残っているけれど
声が思い出せなくなったのが悲しいなぁ

だからこそ声を張り上げて(?)今日も笑ってます。

同い年なんですね♪
「老齢は山登りに似る。登れば登るほど息切れするが、視野はますます広くなる」
イングマール・ベルイマン
斉藤茂太さんの本で見つけました。

どんな世界が広がるか楽しみですね。
これからもよろしくお願いいたします!
いつもありがとうございます☆



2009/06/24(水) 11:28 | URL | saki #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する