FC2ブログ
 
3人の子育てもラストスパート!毎日が輝く笑顔であふれますように☆
[腎臓病] ブログ村キーワード
11月22日(日)放送 カラダのキモチ
TBSテレビ・7:00?7:30
MC:三宅裕司・進行:根本美緒(気象予報士) プレゼンター:半田健人
ゲスト:浅茅陽子

テーマ『沈黙の臓器の声を聞け!腎臓の働き大研究』

慢性腎臓病(Chronic Kidney Disease)
2000万人
慢性腎臓病 患者数 日本人:約2000万人

腎臓が1日でろ過する血液の量
腎臓は1日、150リットルの血液をろ過する

沈黙の臓器・・・慢性腎臓病は自覚症状がない
急性腎盂炎は細菌が腎臓などに感染し起こる病気、再発を繰り返すと慢性腎臓病に。

腎臓  腎臓の大きさ
腎臓の大きさ=レモン1個分  直径10センチ・重さ150グラム

人工腎臓
<人工腎臓> 腎臓のろ過機能を再現した装置

牛乳を入れて牛乳が透明
牛乳を入れるとーーー心臓(ポンプ)を通り血管(チューブ)を伝って人工腎臓へ
出てきた牛乳が透明に!

1ナノ
人工腎臓の断面
1本の管の太さは0.2ミリ、管の壁には1ナノ程の無数の穴がある

透明な牛乳
1ナノ以下の牛乳の成分が通過しているため風味を残している
(乳製品やタンパク質は10ナノ)
体内では分子の小さい栄養分を再吸収しカラダに戻す働きがある

血液をまねた液体を入れる 人工腎臓 ろ過
血液の成分をまねた赤い液体を    人工腎臓に通すと      原尿が出来た  
原尿=腎臓で作られる尿の元となる成分

分子が大きい赤い成分はろ過膜にひっかかり分子の小さい黄色い成分だけが通り抜け
尿の元になった
ろ過イメージ
腎臓は分子の大きさによって血液の成分を選別

糸球体 糸球体1
糸球体=腎臓に流れる血液をろ過する
毛細血管が毛糸玉のように丸まっていて1つの腎臓に約100万個ある

<実験=腎機能が低下したろ過>液体を通す前にろ過膜に傷をつけ穴を大きくしておく
赤いまま
ろ過膜の穴が大きくなったことで分子の大きい赤い成分もろ過膜を通過
出てきた液体は赤いまま。

糸球体が傷つくと、ろ過膜の穴が大きくなりタンパク質などの栄養分や血液の成分が排出
たんぱく尿や血尿などの原因に!

腎臓の役割で大事なのはろ過、また、ろ過している糸球体も非常に細い血管の塊
糸球体は毛細血管の塊であるため、血管に負担がかかるとダメージを受けやすい

<<糸球体が壊れる原因>>
?塩分の摂り過ぎ
塩分を多く摂ると血液の量が増え高血圧になり常に血管が圧迫される
毛細血管である糸球体も傷つきろ過膜の穴も大きくなる
塩分摂り過ぎ

?血糖値の高さ
血糖値が高くなると腎臓へたくさんの血液が流れ込んで腎臓に過度な負担がかかる
高血糖
高血糖
タンパク質や脂肪酸をストレス物質に変えてしまう
これが血管の壁を攻撃する事で糸球体のろ過膜の穴を大きくする

細い血管の塊である腎臓が1番にダメージを受けやすい
糸球体2
糸球体のろ過機能が低下し続けると血管がつぶれてろ過が出来なくなる
→脳卒中 尿毒症 心不全

腎臓は小さな細い血管の塊、その血管をどういう風に守るかがポイント

<<腎臓病の原因>>
生活習慣病などメタボリック症候群から腎臓病に進行する人が増えている

CKDのサインを見極めよう・慢性腎臓病セルフチェック
腎臓病セルフチェック
?尿が赤っぽい、尿が泡立つ
?夜中に2回以上トイレに行く
?靴や指輪がきつくなった
2つ以上当てはまった→危険  1つ当てはまった →要注意

?尿が赤っぽい、尿が泡立つ=血尿やタンパク尿の疑いがある
<<チェックポイント タンパク尿>>
尿の泡立ちは見分けづらいため毎日の尿チェックが大切

?夜中に2回以上トイレに行く=尿のしくみ
腎臓は1日に1.5リットルの尿を生成
<<チェックポイント 尿の量>>
腎機能が低下すると尿を濃縮する力が落ち尿量が増加する
トイレの回数が多くても1回に出る尿の量が少ない方は夜間頻尿の可能性も

?靴や指輪がきつくなった=むくみ
<<チェックポイント むくみ>>
くるぶしを強く押した時に皮膚がへこんでしばらく元に戻らない

気になる症状がある人は内科または泌尿器科での検査をお勧めします


今までやっていた腎臓の機能の役割を肩代わりしてくれる治療=透析療法
透析患者は毎年約35,000人ずつ増加し、現在約30万人の方が治療を受けている

透析療法は2種類
○血液透析・・・週3回の通院、透析時間は4?5時間
血液透析

○腹膜透析・・・自宅で出来る透析療法
腹膜透析1
手術によりお腹にチューブを取り付ける
腹膜透析2
透析液をお腹の中に入れ老廃物や余分な水分を取り除く
腹膜透析 3
透析液をお腹の中に4?8時間貯留する
腹膜透析3
排液から注液まで約30分、透析液の交換は通常1日に4回

透析療法は患者さんのライフスタイルにあった治療法をすすめている。
腎臓の治療法には透析療法以外にも、健全な腎臓を移植する腎移植がある。

慢性腎臓病は自覚症状が出にくいので定期的に健康診断や検査を受けることが大切。

特に糖尿病や高血圧の方は定期的に検査を受けることがとても大切。


関連記事

コメント
この記事へのコメント
こんにちは。
きょうの埼玉は、温かいです。^^
熱いくらいだよ。
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する