3人の子育てもラストスパート!毎日が輝く笑顔であふれますように☆
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ロコモティブシンドローム] ブログ村キーワード

5月16日(日)放送 カラダのキモチ
TBSテレビ・7:00?7:30
MC:三宅裕司・進行:根本美緒(気象予報士) プレゼンター:半田健人
ゲスト:黒田 福美

テーマ『歩けなくなるその前に!脱!ロコモティブ宣言』

ダンディ
ダンディの語源:サンスクリット語“DANDA”=ステッキ
巣鴨
最近のステッキ事情・巣鴨調査(必要なくてもオシャレ道具として持ってる方も)

ステッキのチャップリン(東京都新宿区)
コップ 望遠鏡 サイコロ
ステッキの中に飲み物が入れられる?望遠鏡やサイコロが入っているものも。
ステッキのチャップリン・山田澄代社長
おしゃれ道具が1つ増えましたね。楽しく歩いて下さい。とお医者様もおっしゃってます。

ロコモ
日本のロコモ患者数:約4700万人
資料提供:東京大学22世紀医療センター

ロコモティブシンドローム
運動器の機能が衰えて要介護・寝たきりになった状態やそのリスクが高い状態
ロコモティブ
ロコモティブシンドローム=運動器症候群

危険度チェック
ロコモ危険度チェック 1つでも当てはまるとロコモの可能性あり
1.片足立ちで靴下がはけない
2.家の中でつまずいたり滑ったりする
3.横断歩道を青信号で渡りきれない
4.階段を上るのに手すりが必要
5.15分くらい続けて歩けない
6.2キロ程度の買い物をして持ち帰るのが困難である
7.家のやや重い仕事(掃除機の使用、布団の上げ下ろしなど)が困難である

東京大学大学院整形外科教授:医学博士 中村耕三氏
骨折の原因となる骨粗しょう症や膝の変性疾患による軟骨の損傷
背骨の椎間板の損傷といった運動器の疾患が
自覚症状が無いにも関わらず検査で見つかるケースが非常に多い

メタボ
メタボリックシンドローム
ロコモ1
ロコモティブシンドローム

ロコモは人類の宿命?→直立歩行により関節は負担を受けやすい
靭帯
骨・関節・筋肉の関係
不安定な骨組みを筋肉と靭帯が支えている
姿勢
筋肉が弱まる=姿勢が維持できない
骨が弱まる=骨折
関節が痛む=歩行困難


膝腰への負担
歩行時と比較した時の膝・腰への負担
階段のぼり=腰3倍・膝3倍
階段くだり=腰2倍・膝3倍
立つ座る
座る=腰9倍・膝2倍
立つ=腰8倍・膝2倍
走る
走る=腰3倍・膝6倍
ロコモ正体
日常生活での関節への負担が積み重なり疾患へと繋がる

高齢者疑似体験セット
疑似体験 疑似体験1
肘サポーター・膝サポーター・ゴーグル・手袋・背曲げエプロン・おもり
■ロコモのつらい生活を体当たり実験■
手すりと杖を酷使して一歩一歩階段を上る
階段を降りる時、体重が前に行ってしまうので前に転ばないよう気を使うのが大変
自動販売機での買い物、商品を取り出す(しゃがむ)時膝がしんどい
しゃがんだ後、立つのがしんどい

忍びよるロコモの恐怖!早期の対策を!

Q.普段何げなく今まで出来ていた事がちょっとしんどいなって思ったらロコモ?
A.ロコモかもしれないと思って下さい

ロコモが最近注目されるようになった理由とは?
整形外科
50代から整形外科の手術を受ける人が急増
平均寿命
平均寿命が50代だった昔は足腰が元気なうちに寿命を迎えていた
医療の発達などにより平均寿命は80代に上がったが運動器の耐用年数が追いつかない
運動器
50歳以上の人の運動器障害の割合
腰椎の変形:男性83.1%・女性67.6%
膝関節の変形:男性44.1%・女性65.4%

運動習慣がある人の方が歩行困難になりにくい
若い頃から運動習慣を身につけておく事がロコモ対策につながる
運動の負荷が一ヵ所に集中すると関節などを痛める原因に

<ロコモ対策トレーニング>
ロコトレ1「片脚立ち」
ロコトレ1 バランス力
片方の脚を床から少し浮かせる、左右1分ずつ1日3回行う
バランスが取れない場合は無理せず物につかまりながら行う
バランス力アップにより転びにくくなる

ロコトレ2「スクワット」
スクワット スクワット1
肩幅より少し大きく脚を開き足先を30度外に向ける
膝がつま先より前に出ないようにゆっくり腰を下ろす
難しい場合は物につかまりながら行う
6秒かけ腰をおろし6秒かけて元に戻す
6セット1日3回行うと歩行に必要な筋肉を鍛えられる
*転倒防止のため体を支えられる物がある所で行いましょう

○ロコモ予防に適したスポーツは?
卓球=スクワットや片脚立ちの要素が入っている

○高齢でも楽しめるロコモ対策スポーツは?
■キンボール=中腰や片脚でのバランスが必要
キンボール
ボールの大きさ直径122センチ、1チーム4人3チームで競う
指定されたカラーのチームがキャッチする
キャッチ出来ないと相手2チームに点が入る
相手とのかけ引きも必要

○ロコモ対策最新スポーツ
■スピードボール=スクワットが必要なためスクワット片脚立ちが含まれる
スピードボール
ポールに付いたボールをうまく回転させて打ち合う
相手が打ったあと2回転以内に打ち返す
一定範囲にしかボールが飛ばないため高齢でも楽しめる

■太極柔力球=片脚立ちやスクワットを多く含む
太極柔力球
ラケットの上のボールを落とさないように太極拳の動きを行う
有酸素運動
弾力のあるラケットと砂が入ったボールによってバランスがとりやすくなっている
妊婦さんでも適度な運動になる

負荷のかけ方に注意しながら骨・関節・筋肉を鍛えましょう
痛みが出る場合にはフォームや運動量の見直しが必要

ロコモ対策に自分に合ったスポーツを見つけましょう!

関連記事

コメント
この記事へのコメント
まだ片足立ちで靴下履けます!!
ヤッター☆

スクワット、やろうやろうと思いながらなかなか^^;
がんばるぞー。
2010/05/16(日) 23:41 | URL | anon #TY.N/4k.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。