3人の子育てもラストスパート!毎日が輝く笑顔であふれますように☆
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[しゃっくり] ブログ村キーワード

5月30日(日)放送 カラダのキモチ
TBSテレビ・7:00?7:30
MC:三宅裕司・進行:根本美緒(気象予報士) プレゼンター:パックンマックン
ゲスト:山本 陽子

テーマ『ビックリ仰天!実はファ?んなあくびとしゃっくり』

あくびの語源は?
「枕草子」に出てくる「口をあける」という意味の「あくぶ」が語源だと考えられている
出典:暮らしのことば新語源辞典・山口佳紀編・講談社

英語では「yawn」

犬があくびをする?
あくびの不思議 鳴海治氏
東京都江東区:犬の学園パッピーナようちえん ドックトレーナー:鳴海治氏
記念撮影・・・知らない人達が後ろにいる緊張、周りの犬達と遊びたいのに我慢しなければならない心理が絡み合ってあくびがでる
退屈なのではなく、自分自身落ち着かなくてはという時に出る
犬のあくび
犬のあくび=緊張や我慢をすると出るサイン

人間はどうなのか?
北一郎医学博士
首都大学東京人間健康科学研究科教授・医学博士:北一郎氏
(人間を含む)哺乳類には脳の中にあくびの中枢がありそこを刺激されるとあくびが出る

あくびが出るシチュエーションは大きく分けて2つ
眠い時・退屈な時=脳の酸素不足などから脳機能低下を起こしている
あくびの中枢
あくびが出ると覚醒物質セロトニン・ノルアドレナリンが発生し脳が覚醒する

もう1つは緊張やストレス
緊張とかストレスを感じる脳の中枢もある、あくびの中枢はストレスの中枢とほぼ同じ所にある
人間も緊張するとあくびをして緊張を緩和させている

有田秀穂氏
東邦大学医学部総合生理学教授・医学博士:有田秀穂氏
あくびが出るのは必ずしも良い状態ではない
あくびの中枢に十分酸素がいかない状況というのは心臓のいろんな病気でよく起こります
心臓の疾患
心臓の疾患=脳に酸素が行き届かなくなり生あくび(小さなあくび)が出る

あくびの中枢は車酔いの時に起こる場所と近い所にある
乗り物酔いで脳内にヒスタミンが発生し吐き気や気分の悪さを催す
ヒスタミンはあくびの中枢も刺激してあくびを誘発する

片頭痛=セロトニンの作用で血管が収縮することで脳内循環が悪くなりあくびが出る

あくび=酸素不足などで脳の機能低下を改善するために出る
酸素を取り込むため大きく口をあけ深呼吸(息を大きく吸い込む)や伸びをする
全てが脳を活性化するために役立っている

脳を活性化させるためにはあくびは噛み殺さないほうが良い
あくびをして本人は起きようという意思がある、褒めてあげるべき

しゃっくりの語源は?
くりぬくという意味の「さくり」が変化したと言われている
出典:日常語の意味変化辞典・堀井令以知編・東京堂出版

英語では「hiccup」

楠山敏行先生
東京都港区 東京ボイスクリニック品川耳鼻いんこう科院長:楠山敏行先生
内視鏡(直径3.4ミリ)で声帯を撮影後説明してもらう
声帯
V字に見えているのが声帯で隙間が声門
呼吸時
呼吸時=息を通すため声門は開いている
発声時
発声時=息を吐いて閉じた声帯を震わせて音を出す
しゃっくり
しゃっくり=横隔膜のけいれんで空気を吸い込んでしまう
しゃっくり1
しゃっくりを真似た状態=息を吸っているにもかかわらず声帯が閉じている
しゃっくりは息の詰まる感じと変な音がする

赤枝恒雄氏
東京都港区・赤枝六本木診療所院長・医学博士:赤枝恒雄氏
しゃっくりはお腹の中(胎児)にいる時からしている
胎児
胎児は16週くらいからしゃっくりすると言われている

赤ちゃんは肺の筋肉を鍛えるためにしゃっくりをしている
鼻の奥の異物、羊水の中の異物がくっついたものを除去するために反射的にしゃっくりをしている
大人にとってはなんでもない、胎児の頃のなごり

なぜしゃっくりは突然起こるのか?
近藤司氏
土浦協同病院救命救急センター麻酔科部長・医学博士:近藤司氏
しゃっくり外来
喉の奥にそこを刺激するとしゃっくりが出る、うまく刺激をすれば止まるというスイッチがある

しゃっくりスイッチ
しゃっくりスイッチ
のどの奥にありそこを刺激すると脳のしゃっくり中枢が働きしゃっくりが出る
ONとOFFを両方兼ねている
辛い物や炭酸飲料の摂取で出るのはそのため

しゃっくりと病気の関係
慢性2日以上続くもしくは1週間1ヶ月続く場合、何らかの病気のサインとして起こっている可能性が高い
医療機関での診察をお勧めします

84歳の男性の場合
普通のように1,2回じゃなくて(しゃっくりが)ずっと継続して10日くらい出た
それがだんだんひどくなり1分間に30回?40回くらいになった
毎晩睡眠薬を飲んで眠っていたが睡眠中もしゃっくりが続いていた
→精密検査の結果「脳梗塞」と診断

脳梗塞
脳梗塞としゃっくり
血管が詰まり脳の血流量が減少うまく信号が送れなくなる
たかがしゃっくりと甘く見ては危険

大人になるとしゃっくりを抑える神経が発達し出にくくなる
アルコールなどを飲むとしゃっくりを抑える神経が緩み出やすくなる

止め方
しゃっくりの止め方街頭調査結果
息を止める:33% 水を飲む:29% 驚かせてもらう:20% 放置:9% その他:9%

息を止める
しゃっくりは出ないが一時的な解決策にしかならない
水を飲む・驚かせてもらう
どちらの方法もしゃっくりスイッチを刺激する可能性はあるが成功率は低い

●有田先生直伝:おすすめのしゃっくりの止め方●
舌を引っ張る
舌を引っ張る=ガーゼなどで約1分間舌を引っ張る
*爪を立てて行うと舌が傷つく恐れがあるのでご注意下さい
耳の穴を押さえる
耳の穴を押さえる=両耳の穴に指を入れて約1分間強く押さえる
*耳に炎症・傷がある方、爪が長い方は行わないで下さい

どちらの方法もしゃっくりスイッチに働きかけるため効果が期待できる


関連記事

コメント
この記事へのコメント
相互リンクありがとうございます☆

大変興味深い事でした。しゃっくり
ってこんなにおくがふかかったんだと思いました。
2010/06/04(金) 15:43 | URL | kiida0519 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。