FC2ブログ
 
3人の子育てもラストスパート!毎日が輝く笑顔であふれますように☆
[貧血] ブログ村キーワード

8月15日(日)放送 カラダのキモチ
TBSテレビ・7:00?7:30
MC:三宅裕司・進行:根本美緒(気象予報士) プレゼンター:深沢
ゲスト:岡田 奈々

テーマ『健康診断では分からない!?2つの貧血の正体を大解明!』

溝口氏
東京都新宿区・東京女子医科大学病院・血液内科
名誉教授:溝口秀昭氏

血液の大事な成分として鉄分ー鉄分がないと血液がよく出来ない
鉄分が本当に足りなくなると鉄欠乏性貧血という病気になる
鉄欠乏性貧血ー鉄分が不足することで起こる血液の病気

今井氏
東京都小金井市・法政大学・生命科学部生命機能学科教授
医学博士:今井清博氏
鉄分
血液を燃やして残ったものー血液に含まれていた鉄
血液を約1000度の高温で燃やすとたんぱく質などは燃え尽きるが鉄は残る

鉄の役割・鉄分と血液の関係
実験
血液から取り出したある成分を分離させやすくして激しく振る
実験1
しっかりと混ぜたものを数分置いておく
血液
血液から取出したある成分=ヘモグロビン
ヘモグロビン
上部が鉄を含んでいるヘム、色の薄い方がグロビンというたんぱく質
ヘモグロビンはヘムとグロビンから出来ている
ヘムは鉄がないと出来ない、ヘモグロビンも作れない
鉄
鉄分=ヘモグロビンを作るための大事な材料

Q.鉄分が少なくなってくるとどういうことが起こる?
A.ヘモグロビンの働きは体中に酸素を運ぶ=鉄欠乏の状態になるとヘモグロビンを作れなくなる
  =酸素を十分に送れなくなる=酸欠状態

酸素
ヘモグロビンは肺から酸素を受け取り全身へと運んでいる
酸素1
鉄分が無くなるとヘモグロビンを作れなくなり数も少なくなる
鉄欠乏性貧血
全身に酸素が行き渡りにくくなり慢性的な酸素不足の状態になる
鉄欠乏性貧血
疲れやすい・めまい・頭痛・動悸・息切れ等の症状が現れる
スプーン爪
スプーン爪 資料提供:大樹会総合病院 回生病院・内田立身氏
長く続くと唇の端が切れやすくなる、爪の変形等、皮膚や粘膜の症状が現れる
色んな原因で貧血が起こるが=約8割は鉄欠乏性貧血

ヘモグロビン値の正常値
女性:12?16g/㎗ 男性:14?18g/㎗
「貧血が気になっている5人」の方は鉄欠乏性貧血なのか?
貧血気になる
野平さん・経ったりしゃがんだりする時周りが真っ暗になって星が飛ぶ感じ
武井さん・フラッとするようなことがある
椎山さん・朝起きられないから多分貧血?
榎本さん・立ちくらみと光を見るとめまいが多いーここ最近
宮さん・立ち上がった瞬間目の前が真っ暗ー不規則な生活が続くとそうなる
<血液検査結果>
貧血
全員ヘモグロビンは正常値
じっと立っている時や立ち上がった時などにフラッとする症状の多くは脳貧血
主に自律神経の働きに問題があって起こる一過性の症状、血液に問題がある貧血とは別物
脳貧血
脳貧血
自律神経がうまく働かないと下半身の血液を上半身に戻す事ができない
脳への血流が低下しめまいや立ちくらみが起こる
睡眠不足・過労・ストレスや慢性的な肩や首のこりがあると起こりやすい
多くの場合安静にしてれば回復する
頻度が多かったり耳鳴りや頭痛を伴う場合、他の病気が原因の可能性がある
気になる方は耳鼻咽喉科・ 神経内科等、他の外来で相談してみましょう

鉄欠乏性貧血ー血液の循環には問題ないが血液中の酸素が少ない状態
脳貧血ー血液そのものには問題ない
睡眠不足や過労があると立ち上がった時に一時的に血圧が下がり脳貧血が起こる

鉄欠乏性貧血:だるさや疲れがとれないという症状がある
低血圧:ストレスの影響を受けやすく疲れをためやすい→朝が弱い

貧血2
鉄欠乏性貧血
・鉄分不足が原因
・カラダが慢性的な酸素不足になる血液の病気
脳貧血
・自律神経の乱れなどが原因
・脳への血流が低下することで起こる一過性の症状


朝礼で倒れる場合は脳貧血であるケースが多い
脳貧血は血液が重力で下に行き脳に届かないと言う状態
血液をポンプとしてくみ上げる下半身の筋肉を柔軟にすることが有効
肩や首のこりをしっかりほぐしたり寝不足や疲れをためない事が大切
監修:日本大学板橋病院心療内科・村上正人氏

貧血は自己判断せず血液検査をして鉄欠乏症貧血か脳貧血かの区別をする

体の中の2つの鉄=ヘモグロビン鉄と肝臓鉄
肝臓鉄
血液中の鉄が減ってくると貯蔵鉄を使ってヘモグロビンを作る
貯蔵鉄
貯蔵鉄が底をついてしまうとヘモグロビンが作れなくなる

フェリチン値(肝臓の中の鉄)の診断基準
女性:15?205ng/ml 男性:30?490ng/ml

予備軍
鉄欠乏性貧血の予備軍

女性の5人に1人が鉄欠乏性貧血予備軍
*参考:厚生労働省 平成19年度国民健康・栄養調査

鉄分は汗や排泄物となって毎日カラダの外に排出されている
月経のある女性は平均すると男性よりも多く鉄分を失う
鉄分の少ない食生活が続くと排出される鉄分の方が多くなり貧血になる

バランスのよい食事を摂ることが鉄欠乏性貧血の予防になる

フェリチン値=貯蔵鉄の割合が分かる値
ヘモグロビン値が正常でもフェリチン値が低い場合は貯蔵鉄が減っている状態
ヘモグロビン値が低い鉄欠乏性貧血の人は貯蔵鉄がほとんど無くなっている

フェリチン値は一般的にヘモグロビン値が低かった場合に調べる数値

鉄欠乏性貧血チェック
チェック
・動悸・息切れがする
・だるく疲れやすい
・顔色が悪い
・めまいや頭痛がする
・口の端が切れやすい
・爪が薄くなり割れやすくなる
・舌のブツブツがなくなり辛いものがしみる

酸素不足で起こる症状と皮膚や粘膜の症状が合わせて現れる場合 鉄欠乏性貧血が疑われる
(まぶたの色が)ちょっと白っぽくなる

女性は月経があるため鉄欠乏性貧血になる人が多いが男性は少ない
男性や閉経後の女性でヘモグロビン値が低い場合は胃潰瘍・がん・痔・子宮筋腫など別の病気が疑われる

一番有名なのがビタミンB12欠乏による悪性貧血

悪性貧血
昔は原因が分からない貧血だったが現在はビタミンB12不足を補う事で治療できる

鉄分はレバーはもちろん、普通の肉や魚からでも十分摂取できる
ほうれん草などの野菜にも鉄分は含まれているが肉類から摂取した方が吸収が良い
鉄分はビタミンCを一緒に摂ると効果的に吸収できる

鉄欠乏性貧血はゆっくり進行するため症状を自覚しにくい
症状を体質のせいにしがちだが改善して初めて健康な身体を知る事もある



カラダのキモチ【記事一覧


関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する