3人の子育てもラストスパート!毎日が輝く笑顔であふれますように☆
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[界面活性剤] ブログ村キーワード

今日の記事はネットで検索、コピペ、リンクばかりでまとまりのない状態です。
覚えきれないから。忘れないために。

成分表示されているから、使う時は自己責任。
知れば知るほど恐ろしい、とても身近な化学薬品。

合成界面活性剤の恐怖

合成界面活性剤について
界面活性剤とは簡単にいうと水と油のさかい目(界面)を混ざりやすくする性質を持つ物質です。
その代表は○○レモン、洗濯洗剤などの合成洗剤です。
化学的に合成されたものなので合成界面活性剤と呼ばれます。

化粧品、シャンプー、リンスの主成分も同じです。乳液、クリームなど水と油をまぜあわせて(乳化させて)作られる化粧品はこの合成界面活性剤を使用しないと作ることができません。(一部石鹸で乳化させたものもある)まさに、これらの化粧品を使うということは、顔に合成洗剤を塗っているのと同じことなのです。

--------------------------------------------------------------------------------

「合成界面活性剤の含有量を増やしていくと、消費者は使いやすくなり、使用感もよくなります。一見‘よい化粧品’に見えますが、それが肌を傷つけ、シミ、ソバカス、シワの原因になります。」
(芝皮膚科クリニック、須階 富士雄院長)・・・・・・ 続買ってはいけない化粧品より

--------------------------------------------------------------------------------

なぜ使用感のよい化粧品がシミ、ソバカス、小ジワの原因になるのでしょうか?

なぜ、使用感がよくなるのか?
合成界面活性剤の特徴の1つとして皮膚浸透性の強さがあげられます。この皮膚浸透性の強さが使用感の向上につながります。乳液などをつけたとき、肌にスーッとなじむ感じがするのはそのためです。

では、‘皮膚浸透性が強い’ということは、どういうことなのか?
このことはシミ、ソバカス、シワの原因にとても深く関与しています。
皮膚(角質層)は皮脂膜と角質細胞間を埋めている細胞間脂質(スフィンゴ脂質おもにセラミド)により、保護、補強されています。(第1のバリアゾーン) 
 
洗顔料等に含まれる合成界面活性剤は、その強力な脱脂力と洗浄力(強力な界面活性作用)で皮脂膜を取り除き、角質層に付着、残留し角質層の細胞間脂質を溶かしていきます。
わかりやすくいうと、角質細胞(タイル)を引っ付けている細胞間脂質(タイルのめじ)が溶かされてしまい角質細胞(タイル)が剥がされ隙間だらけになってしまいます。
そうなると角質層や顆粒層などのバリアゾーンはもろくなり、いずれは破壊されます。バリアゾーンが破壊されれば、合成界面活性剤の毒性(タンパク質変性作用等)が基底層に直接作用することになります。
 
それにあわせて、基礎化粧品などを使用すると、洗顔によって皮脂膜を取り除かれ裸になった皮膚に合成界面活性剤をすり込むようなもの。
基礎化粧品に含まれた合成界面活性剤は、長時間あなたの肌にとどまり、少しずつ細胞間脂質を溶かし皮膚の奥へ奥へと浸透していきます。
‘皮膚浸透性が強い’のも当然です。

なぜシミ,ソバカス,小ジワができるのか?
皮膚のバリアゾーンを壊しながら浸透していく合成界面活性剤はタンパク質変性作用をもち表皮や髪のタンパク質であるケラチンと結合してボロボロに変性させていきます。
加えて、強力な界面活性作用で角質層に付着、残留し皮膚の第1のバリアゾーンである角質層、顆粒層を破壊していきます。
洗顔料や基礎化粧品で肌をあらしシャンプー、リンスで髪や地肌を荒らしていく。そのことを皮膚科専門書は、はっきり書いてあります。
つまり、合成界面活性剤は肌のバリアゾーンを破壊し防腐剤などの有害物質や、細菌等の侵入を容易にさせ肌荒れ、ニキビ、皮膚炎をおこさせます。
そして基底層まで侵入した合成界面活性剤、防腐剤等の有害化学物質は、その毒性で基底層のメラニン細胞を刺激しシミ、ソバカスを作らせてしまいます。
メラニン細胞でのメラニン色素の産性は皮膚の第2のバリアゾーンと言われ、有害物質が侵入してきたときの防御反応(拒絶反応)の一つです。
侵入してきた毒性、刺激成分をメラニン細胞層はメラニンを増殖させることで、真皮、皮下組織への侵入を食い止めようとするのです。
侵入した刺激物でふえ続けたメラニン色素・・・これがシミ、ソバカスです。真皮層にまで沈着し、ひろがったものが黒皮症です。
紫外線に対する防御として日焼けを起こし、有害化学物質に対する防御としてシミ・ソバカスを作ります。

あわせて、合成界面活性剤によって壊された皮脂膜、角質層は異物の侵入を防ぐことができないばかりか、水分の保持すらできなくなり、慢性の荒れ症(乾燥肌)になってしまいます。これが小ジワの原因です。

陽イオン界面活性剤の怖い毒性
化粧品、シャンプーに使われている合成界面活性剤は、陰イオン系が主体です。
これに対して、リンス、トリートメントは、陽イオン系が主成分。
表皮、髪の主要タンパク質であるケラチンへの結合力は陰イオン系と比べて陽イオン系活性剤はきわめて強力なため、タンパクの変性力も強く刺激も強い。
「このようなケラチン変性による皮膚の荒れは、水分不足の場合とは性質を異にする」そうです。

ただのカサつき、パサつきではない、ということです。肌質、髪質そのものが合成界面活性剤で変質し、とかされ、荒れていくのです。
つまり、シャンプー、化粧品よりもリンス、トリートメントのほうが極めて危険であるということです。

例えば、塩化ステアリトリメチルアンモニウム多くのリンスに配合されている代表的な陽イオン界面活性剤。
「髪に染み込みしっとりさせる」というのですが、その毒性は恐ろしい。
うっかり口から入ったときの致死量わずかに1~3gこの場合1~4時間以内に死亡する。  
       (化粧品毒性テーブル   同志社大学西岡一教授監修)

慄然とふるえがきます。それを髪や地肌に浸透させて「つややかな髪に」「髪質の保護成分配合」などとうたい「自然なヘアケア…」などとCMする化粧品メーカー、マスコミの度胸には恐れ入るしかありません。

女は一生現役~未完成の美意識~危険な化粧品!大丈夫?                     
【合成界面活性剤】は、本当に、出来るだけ、精一杯、避けたい成分。
ここで言っているのは界面活性剤の中でも合成界面活性剤。
絶対に避けたいのは石油系。

石油はコストが安いから大量生産出来るので、
これはもう完全にメーカー側の都合で作られているお化粧品

・TEA(トリエタノールアミンと表記されている場合も。旧表示指定成分。)
・エデト酸塩(EDTAと表記されている場合も。旧表示指定成分。)
・オレス○
・クオタニウム
・ポリエチレングリコール○(ポリエチレングリコール200~600は旧表示指定成分。 
                  PEGと表記されている場合も。
                  PEG12以下の数字は旧表示指定成分。)
・ポリソルベート○
・ラウリルエーテル硫酸
・ラウリル硫酸ナトリウム
・ラルリル硫酸トリタノール

合成界面活性剤の何が恐ろしいかって、皮膚への驚異的な浸透力と一度入ると体内に残り続けるという点。
皮膚への浸透力が強力なので肌のバリア機能を壊してしまい、その結果、肌に必要のない成分(化粧品に配合されている添加剤)も一緒に浸透させてしまう(;>_<;)

経皮毒から身を守ろう
化粧品の成分:発がん性・毒性・アレルギー・・

得体の知れないカタカナ表示成分
シャンプー洗剤クレンジングなど
あ、歯磨き粉もですね・・

クレンジング(今は使ってません)
クレンジング成分
ポリエチレングリコール、PEG 保湿剤
「 3 」(危険指数3段階の3)
乳化剤としての働きもあり、クリーム、乳液、せっけん、シャンプーなどに使用される。毒性は比較的弱く、不純物には強い毒性があり、発がん性、発ガンを促進する作用が報告されている。

シャンプー(次女使用・香りが好きらしい)
シャンプーの成分
トリートメント(次女使用)
トリートメント成分
◎シャンプーに含まれる化学物質
・合成界面活性剤 
 ラウリル硫酸ナトリウム、ラウリル硫酸Na(SLS)、ラウレス硫酸ナトリウム、ラウレス硫酸Na
・保湿剤・乳化剤
 プロピレングリコール(PG)、ジエタノールアミン(DEA)
・防腐剤
 安息香酸、安息香酸塩
・酸化防止剤
 エデト酸、エデト塩酸(EDTA)
・着色料
 タール系色素

製品によっては使用効果を高めるために天然成分の含有を強調していますが、その効果を補助する目的でさらに化学物質を添加していることもあります。

頭皮は角質層が薄く、経皮吸収されやすい場所です。
頭皮に界面活性剤やプロプレングリコールが接触すれば皮膚のバリアーが壊され、他の有害物質までが簡単に浸透してしまいます。
それを毎日毎日繰り返し有害物質を蓄積しつづけているのです

リンス(コンディショナー)に使われている合成界面活性剤は使用感をよくするために陽イオン系界面活性剤といって殺菌剤、帯電防止剤、柔軟仕上げ剤が使われています。
これはシャンプーに使われている合成界面活性剤よりも強力で有害な作用を示すことが多い化学物質なのです。

シャンプーやリンスには環境ホルモン、エストロゲン作用の可能性がある化学物質を危険な状態で使用しています。
エストロゲン作用を持つ環境ホルモンは動物のメス化を引き起こしますが女性の月経周期や妊娠・出産にも影響を与えているのではないかと考えられています。

ボディソープ(頂き物・誰も使ってない)
ボディソープ成分
ボディソープやハンドソープは油や汚れを落とす洗浄力を強くするために濃度が濃い合成界面活性剤が使われています。
脱脂力が強いと大事な皮脂まで洗い落としてしまうので、乾燥肌や老人性乾燥肌などになってしまいます。
さらに保湿剤としてプロピレングリコールなどが加えられ、防腐剤や香料も加わっています。

洗顔フォーム(次女使用)
洗顔料成分
化粧品には洗顔石けん、化粧水、乳液、クリーム、メイク用化粧品、香水などがありますが、どれも化学物質が多く含まれています。
乳液などを乳化させる乳化剤は有毒性が強いアルキルベンゼンスルホン酸などという合成界面活性剤が使われたり、潤湿剤としてプロピレングリコール、保湿剤としてグリセリンやソルビトールなどが使用されています。さらに防腐剤や殺菌剤、酸化防止剤などが添加されています。

これらの化粧品に含まれる経皮毒は経皮吸収され長い時間をかけて体内を巡り、蓄積されていきます。
障害が表面化するまでに非常に時間がかかり、複数の有害な成分が関係するために原因が特定できなくなってしまいます。
化粧品の有効成分であるヒアルロン酸やコラーゲンなどの成分は分子が大きいためほとんどが皮膚の表面にとどまっているのに対し、有害な界面活性剤や潤湿剤などは分子が小さいため経皮吸収されてしまい肌荒れを起こすといったことがままあるのが現状です。

台所用合成洗剤
合成洗剤
同じく台所用合成洗剤・警告付き!!
台所用合成洗剤 警告

界面活性剤クレンジングですっきり爽やか
→評価の高いコメントも参考にしてくださいね




いつもありがとうございます! 応援いただけたら とても励みになります
人気ブログランキング】【 ブログ村 健康ブログ▲TOPへ





関連記事

コメント
この記事へのコメント
ん?んん?
これは界面活性剤が良くないよーという実験なのかな?(見たらわかるのね)

今日は髪の毛切りに行きました。
オーガニックを謳ってるシャンプーでした。
トリートメントオイルもおなじラインだったのですが、「ジメチコン」「シクロメチコン」が入っていました。

マンダリンとホホバのオイルでとーっても香りがよくて天然成分満載のオイルなんですが・・・
悩むわー(><)
2012/02/18(土) 19:58 | URL | anon #TY.N/4k.[ 編集]
食い入るように読んでしまいました・・・
ホント、怖いですよね。
無添加・オーガニックを謳う商品にも入っているから驚きます。
表示されているから、気付かないのは消費者の責任・・・ってことになるのでしょう。
2012/02/18(土) 20:05 | URL | さくらんぼうず #-[ 編集]
はじめまして。
投資マニアと申します。

界面活性剤・・・
読みました。怖いですね。

初コメで、ジャンルも違いますが
宜しくお願い致しますm(__)m
2012/02/18(土) 21:03 | URL | 株式・投資マニアの最終奥義 #-[ 編集]
sakiさん こんばんは
前の記事のほうに失礼します。
とても興味深い内容でじっくり読ませていただきました。
成分見て少しでもはだに優しいのを
購入するようにしたいです。
2012/02/20(月) 20:06 | URL | りえ #YmM3ycEw[ 編集]
先日は訪問ありがとうございました^^

化粧品だけではなく食品もそうですが、
表の部分と裏の部分、両方を知って、
その中から良い物を見極める目を持つことが大事なのかもしれません。

たくさんの記事があって読み応えがあります^^
2012/02/23(木) 10:51 | URL | ねこみ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。