FC2ブログ
 
3人の子育てもラストスパート!毎日が輝く笑顔であふれますように☆
[お墓掃除] ブログ村キーワード

8月5日、日曜日お墓の掃除に行って来た。
7時前について・・・

「あら○ちゃん」

おおおおおおおおおおおおおおお・・・
話しかけてくださった方を上から、下までしっかり二度見。
めちゃ失礼な間。

「こんにちは!お元気ですか?」

私の同級生のお母様Aさん、先日脳梗塞で入院され今もリハビリに励んでらっしゃると聞いたので
にわかに信じられなかった。
お墓は上りがきつい坂の山道なので。

「あらAさん、大丈夫?」ご近所さんも息を切らしながらAさんとの会話が始まる。
「そんな重いもの持ってきたの(お墓の掃除道具やお花、水など)」Aさん
「やっとこさ、持ってきた、いつもはリュックなのに今日(リュックに入れる事を)忘れた」ご近所さん
「重いから一度にはムリよ、気をつけて」
「やー忘れ物がこの頃多い、認知症かねぇ」
お二人で大笑い。


・・・・・この会話すごい!
Aさん:私の同級生の親=70歳くらい?
ご近所さん:85歳くらい?なんです!!!!
お墓へのこの坂を荷物を持って上って来ただけでも本当にすごい!

しばらくして動物の鳴き声。
えーーーーーーーーーーー?クマ・????

「ご苦労さん」
犬を連れたご夫妻が汗ふきふき山を降りて行かれました。「お疲れ様です」

「あら!久しぶり~~」
子供が同級生の親とご対面。今日はお墓のお掃除ラッシュだわ。


「Aさん元気?」

え?

その声はうちの親戚Cさん。

CさんとAさんの会話が終わってから
「今どこにいらっしゃるんですか???」
お父様(91歳)の体の具合が悪く老人施設へ、
お母様86歳(Cさん)は県外のお子様のところに行ったと聞いていたので、これまた目の前にいらっしゃるのが信じられず。

そして大きなお掃除道具。
若い頃ムリされて90度に曲がってしまった腰、それでも力強く坂道をさらに上へ登る。
「ここで会ったのも縁ですから、荷物持たせてください」

Cさんの家のお墓、Cさんのご両親のお墓、ご本家のお墓に一緒に掃除お参りさせてもらう。
普段自分の家のお墓しか参らないので、上にこんなたくさんお墓があるとは知らなかった。

自分のご先祖様、3代、4代と遡るとすごいたくさんの人とつながってる。
今日のご縁も全て繋がってる。ありがたいありがたい。

Cさん「子供もいよいよ年金もらう年、定年の年になった、自分も年取るはずだわ」
豪快に笑ったお顔に刻まれたしわが、とても美しい。

4人の子供さんは県外
「お墓もいつか無縁仏になってしまうけど、それでいい。子供には子供の人生があるから」
山の上へ行けば行くほど、お墓を移動され土台だけの状態が目立つ。
移動されたのなら、良い。
だけど、そのまま手入れがなされていない状態のお墓もー。

もうすぐ親の亡くなった年齢に近づく私には想像ができない未来。
約40年後か~。

お墓、その頃どうなってるかな。
県内に子供達いるかな。
それより自分、どうなってるかな。

何時間もいたような感覚だけど、帰宅したのは10時。
地上(笑=家)は灼熱の太陽でやっぱり暑かった。

ご先祖様、皆様との出会いに感謝!ありがとうございます。
おはな


いつもありがとうございます! 応援いただけたら とても励みになります
人気ブログランキング】【 ブログ村 健康ブログ▲TOPへ




関連記事

コメント
この記事へのコメント
みなさま、お元気ですね。
体を使って仕事をすることが当たり前だった時代、今の私の世代とはまるっきり違うと思います。

子供達だって、「運動」と呼ばれるものしかしない。
サッカーをやれば、技術は上手だけれど、体力が無いという子も多いそうですよ。
2012/08/07(火) 19:08 | URL | さくらんぼうず #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/08/08(水) 00:06 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する