3人の子育てもラストスパート!毎日が輝く笑顔であふれますように☆
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[シニア割引] ブログ村キーワード

昨日仕事帰り、主人と映画を観た。
あなたへ
高倉健主演の「あなたへ」

舞台が富山(立山連峰美しいっ!)

車で旅行が好きな我が家、映し出される景色が記憶と重なって切ない。
家族旅行の思い出は、笑い声と一緒に写真に残ってる。

幼かった子供達が家を離れ、夫婦だけの旅行になり
いつか「あなたへ」の映画のように、どちらかが先に旅立つ。

いつかは独り。分かってることだけど。

映画館を出た時、二人とも無言。
ぶぁーっと涙が出る感じではなく、しみじみ考えさせられる作品。

高倉健さん。やっぱり偉大。
「鉄道員(ぽっぽや)」のきりっとした表情が脳裏に浮かぶけど
台詞の少ない「あなたへ」の暗闇シーンに映し出される深いしわは、泣きたいほど悲しい。


分け入っても分け入っても青い山 種田山頭火

私が唯一知ってる山頭火の句。これも良かった!


シネマトゥデイより一部引用↓
チェック:日本映画界屈指の名優・高倉健が、『鉄道員(ぽっぽや)』『ホタル』など数々の名作を送り出してきた降旗康男監督と20作目のタッグを組んだ人間ドラマ。妻の遺骨を散骨するため妻の故郷へ旅立った男が、道中で出会った人々との交流を経て妻の真意を知る姿を描く。『あ・うん』のプロデューサー市古聖智が遺(のこ)した原案を、降旗監督と脚本家の青島武が再構築。共演にはビートたけし、田中裕子、佐藤浩市、草なぎ剛、綾瀬はるかなど、ベテランから若手まで豪華な顔ぶれがそろう。

ストーリー:北陸の刑務所で指導技官として勤務する倉島英二(高倉健)のところに、亡くなった妻・洋子(田中裕子)が生前にしたためた1通の手紙が届く。そこには故郷の海に散骨してほしいと書かれており、英二は洋子が生前には語らなかった真意を知るため、車で彼女の故郷・九州へと向かう。その道中で出会ったさまざまな人々と交流するうちに、妻との思い出が頭をよぎり……。
↑ 引用ここまで ↑


久しぶりの映画館。

シニア料金
「レイト割引」よりお得な「シニア割引」

Σ(・Д・ノ)ノ エッ!?
「長生きすれば良いことある」ってことね(前向きに言い聞かす)。

この割引特典知らなかったけど、チケット売り場スタッフに「どちらかが50歳以上なら・・」言われた事実、しっかり受け止めます(笑)

今後、夫婦でこの恩恵を存分に楽しむわ!

*夫婦50割引
どちらかが50歳以上なら夫婦で2000円
(主人:52歳、私:47歳)


いつもありがとうございます! 応援いただけたら とても励みになります
人気ブログランキング】【 ブログ村 健康ブログ▲TOPへ





関連記事

コメント
この記事へのコメント
そうそう!夫婦割引、私も先日山下達郎さんのシアターライブ見に行って「そうやった!」って思いました。
ずっと前に旦那様が50歳超えたご夫婦が、毎週映画見に行ってるって言ってた。

踊る大捜査線でも見に行くかー?(笑)
2012/09/03(月) 22:04 | URL | anon #TY.N/4k.[ 編集]
sakiさん こんばんは^^
この映画気になってました。
さっそく観に行かれたんですね^^
私も観たいです
きっとうるうるしながら観てそうです^^
2012/09/03(月) 22:25 | URL | りえ #-[ 編集]
夫婦で2000円なら、デートにぴったりですね。
我が家も、あと4年で行けるなぁ
あ、その頃には子供は一緒に行ってくれなくなってるんですね^^;
2012/09/03(月) 22:38 | URL | さくらんぼうず #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/09/03(月) 23:27 | | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/09/03(月) 23:52 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。