3人の子育てもラストスパート!毎日が輝く笑顔であふれますように☆
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今回(8月13日~16日)の旅行でどうしても宿泊したかった「吉田屋旅館」。
島根県の温泉津温泉(ゆのつおんせん)

世界遺産登録5周年を迎える石見銀山の近く、約1300年もの歴史を持つ由緒ある湯治場。
でも町は高齢化、旅館の後継者難に大変悩んでいたそうです。

そこに飛び込んだ山根多恵さん(当時24歳!!)
創業1910年(明治43年)老舗旅館「吉田屋」の若女将となるまで、なってからの紆余曲折が書かれています。
山根多恵さん
【週末は若女将】「楽しい」を仕事にする私たちの挑戦 / 山根多恵さん

週末は若女将。平日は地域貢献!
山根多恵さん1
そこがすごい。

温泉津の温泉は活気ありました。
昔は旅館浴衣に下駄で歩いたであろう細い道に県外ナンバーの車が走ります。
年齢問わず、多くの方が「貸し石けん」持参でお風呂に向かいます。
吉田屋さん
作家の故・水上勉さんが宿泊し執筆されたり、映画「男はつらいよ」のロケ地になった吉田屋旅館。
私たちが泊まった時、女性らしいお心遣いが随所に感じられ、とても居心地が良かった。

元湯温泉
鉄分をしっかり含んだ「黄金色」のお湯。
飲んでよし、入ってよし、お肌しっとり、身体ポカポカがずっと続く薬効高い温泉。

薬師湯
天然温泉、全項目で最高評価5を取得:薬師湯

長い歴史や地域の中に、若い人が飛び込み次々新しいルールを作っていく。
相当な体力と精神力が必要だったはず。
仲間に助けられ、地域に助けられ、
今なお遠い未来をしっかり見据え、過疎化・高齢化で悩んでた町を
若い力が強く団結して、温泉津温泉を盛り上げていく様子は読んでいてスカッとする。

縛られず、一歩でも前進できるようアイディアを出す。
一人の人間を育てながら、地域が育っていく。

何をしていいか分からない・・・どうせムリ、何をやってもムダ。
つい私は壁にぶつかると逃げてしまう。

けど何もしなかったら衰退するだけ、
人間として社会人として「地域貢献」が如何に大切か少し分かった気がする。

世知辛くなった世の中だけど、一人じゃ絶対生きていけない。
特別な能力がなくても、自分にできる何かがあるはず。

ゆっくり温泉に入って、心も身体も休めると良い考えも浮かびそう。
「楽しい」を仕事にする、
「仕事が楽しい」とは違う。そんな発見、日常に活かせるよう少しずつ挑戦しよう。


身体の心から温まる温泉津温泉!
地域の方との「裸のお付き合い」受け入れてもらった感が嬉しかった!

*【温泉津温泉:吉田屋旅館に泊まる の記事】
*【石見銀山:龍源寺間歩 の記事】

いつもありがとうございます! 応援いただけたら とても励みになります
人気ブログランキング】【 ブログ村 健康ブログ▲TOPへ





関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。