3人の子育てもラストスパート!毎日が輝く笑顔であふれますように☆
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[静電気対策] ブログ村キーワード

冷えとり生活:静電気対策にシルク靴下?

冷えとり対策でシルクの靴下重ね履き+シルクスパッツ、
下着もシルクを身に着けるようになって静電気を全く感じなくなった

冬は「寒さ」と「静電気」が本当にストレス、怖くて仕方がなかった寒がりの冷え性。
それが、今日も下着+綿100%の服で元気!←ちょっと場違いw
短い時間ならこの格好で外にいても大丈夫!(ダウンやコートを着なくても)

シルクの下着「キャミソール」「3分袖インナー」「8分袖インナー」購入。
インナー
→【冷えとり生活:購入したもの、金額 11月21日の記事】

気温が一桁でも、キャミソールを身に着けた時が一番暖かい!
信じられないけど。うそみたいけど!ホントに暖かい。
燃えてるのか私?


そして静電気。
透けますシルク  シルク下着
シルク ショーツを購入した「絹物語しらはた」さん

しらはたさん
商品と一緒にいただいた冊子「絹で健康生活『冷え取り物語』」
足元
ーーー ↓ 本文より一部抜粋 ↓ ---
電磁波や静電気を長時間体に帯電させていると、血液がドロドロになり、血行を阻害したり自律神経のバランスを乱してしまうことは、すでに医学的に解明されています。
電気毛布にくるまって寝るという行為は、冷えの大敵「静電気」と「電磁波」に抱かれて眠っているようなもの。
冷えの解決どころか、ますます冷え性をひどくしていると考えられます。

就寝中のパジャマや毛布などもできたら天然素材にした方が、静電気防止には好ましいでしょう。
着るものは肌に近い天然素材(毛、綿、絹など)をお勧めします。
特に絹は湿気を吸い、外に吐き出すため、肌と絹繊維のあいだには常にサラサラに保たれ、冷え症対策にはもってこいの素材です。

つぎに重要なのは足元です。
帯電している静電気は足裏より地面にアースされます。
つまり靴底です。靴底がゴムやプラスチックの素材だと、静電気が地面に逃げにくくなり、帯電している状態が続いてしまいます。

対策は、靴底をできるだけ革などの天然素材にできたものにしたり、靴下はシルク製のものを使用したいですね。

ーーー ↑ ここまで本文一部引用 ↑ ----


もうすぐクリスマス!プレゼントは何が良い?と聞かれたら
迷わず今の私は「シルクの靴下!」と答えます(笑)


口コミレビューがすごい!!重ね履き靴下の王道♪

→【静電気なくなった!冷えとり生活 11月20日の記事】
→【髪がまとまった? 11月23日の記事】


いつもありがとうございます! 応援いただけたら とても励みになります
人気ブログランキング】【 ブログ村 健康ブログ▲TOPへ





関連記事

コメント
この記事へのコメント
サンタさんの靴下にシルクの靴下が入るのねー(笑)
これぞ究極の重ね履き!って感じですね☆

足元・・・
もこもこのブーツ履いたらどうも静電気が来るっぽい(><)
それでもシルクのおかげで多少緩和されてるような気がしています。
2012/11/28(水) 20:32 | URL | anon #TY.N/4k.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。