3人の子育てもラストスパート!毎日が輝く笑顔であふれますように☆
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高知県:竜串海域公園・見残し海岸

弘法大師が見残したという奇岩海岸へ。
竜串海岸 足摺岬 竜串海岸
竜串公園からグラスボードに乗って見残し海岸上陸。
竜串~見残し
グラスボード:往復1260円・帰りも同じ会社(2社あり)に乗船しないと船着場が違う。
竜串 グラスボード
グラスボード(船底が透明になってる)
サンゴや熱帯魚が生息する竜串海域公園の様子を観察できる(約30分)

波打ち際に独特の風景、奇岩が続く。
見残し海岸
空の色も海の色も青ーーい!
見残し海岸 遊歩道
見残し海岸:一周約60分、遊歩道がある・・とは言え足場は不安定(比較:私の足)
スニーカー、両手が使えるスタイルで。
見残し海岸 海水浴
秘境、船でしか行けない島、と思ってたらここでも普通に海水浴をされてる方が!
・・どうやって行くんだろ?

竜串海岸:1970年(昭和45年)日本初の海中公園に指定された海域
一周約30分
竜串海岸 大竹
大竹・小竹
竜串海岸 不背山
不背山
見残し海岸、竜串海域とも波や風の浸食作用でできた奇岩が見られます。


8月13日
12:00【四万十屋で天然うなぎ・・の記事】
13:00 竜串よりグラスボード乗車
13:30~14:00 見残し海岸(復路のグラスボードは早い=海中散歩は往路のみ)
14:10~14:35 竜串海岸
15:00 ジョン万次郎資料館へ
ジョン万次郎資料館
ジョン万次郎資料館

18:00 【足摺岬・天狗の鼻から絶景 の記事】


いつもありがとうございます! 応援いただけたら とても励みになります
人気ブログランキング】【 ブログ村 健康ブログ▲TOPへ






関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。