3人の子育てもラストスパート!毎日が輝く笑顔であふれますように☆
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[キッチン] ブログ村キーワード

もし今、グラッと来たら。
ダイドコロ
狭いキッチン、食器棚やシンクの上の棚にモノが入ってなくても、
冷蔵庫の中が全て落ちる。 ↓ こんな風に。
地震の時の料理ワザ 冷蔵庫
地震の時の料理ワザ [ 坂本広子 ]
本文より一部抜粋 ↓
ライフラインがとだえたら、まず3日間は何も届かない。いま、手元にあるものだけで自力で頑張るしかありません。
家が壊れなかった前提で考えてみましょう。

・食糧を確保
冷蔵庫が倒れたり傾いていたら起こし、冷凍庫の扉をしめる
食器棚の食器と食糧がまぜこぜになる
バターや味噌の中にガラス片などが入ってるかも!注意
危ないので必ず靴をはこう

地震 アルミ缶
アルミ缶の手づくりランプ

今、ここでこの画像をチラッと見ただけでも、「イザ」と言う時、行動が違うはず。

初版印刷 2006年。
著者:坂本廣子氏は、1995年の阪神淡路大震災を神戸で体験されました。
イラスト:まつもときなこ氏は、神戸市東灘区在住、大震災では、近所同士、協力して配給食料や水を調達しながらの暮らしを体験されました。

あわてず、騒がず、まず生命の確保が最優先。
ライフライン、最初に復旧するのは電気、次いでガス、水は最後。
電気の復旧は早くて3日、遅ければ6日は覚悟。
(阪神淡路大震災の時)

天災は避けられない。焦っても何も変わらない。ゆっくりと時間が過ぎるのを待ちましょう。
・・・の心境になるまでが大変そう。

日常が普通に送れることに感謝しながら、非日常を想定し、出来ることを少しでも準備しよう。
→【逃げ道確保 平成26年6月29日の記事】

大震災を体験され、非日常を乗り越えられた方のお声は、とても勉強になります。

グラッと来てもあわてない!
「電気が復旧するまでの1週間」防災袋に必携!!
地震の時の料理ワザ
地震の時の料理ワザ [ 坂本広子 ]



いつもありがとうございます! 応援いただけたら とても励みになります
人気ブログランキング】【 ブログ村 健康ブログ▲TOPへ






関連記事

コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/06/30(月) 20:44 | | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/07/01(火) 00:03 | | #[ 編集]
もし今グラッときたら
・・・おろおろするしかない私・・・
前回は食器棚のものが落ちてグラスとかが割れました。
確かに靴履いたほうがよさそう。
夫の会社はデスクも倒れたって言ってた。
それ以上が来たら?

来ない前提でなーんも備えてません^^;
2014/07/01(火) 11:43 | URL | anon #TY.N/4k.[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/07/01(火) 16:02 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。