3人の子育てもラストスパート!毎日が輝く笑顔であふれますように☆
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[だるまちゃんとてんぐちゃん] ブログ村キーワード

朝夕の涼しくなって、本を読む時間が楽しみになった。

子供が小さい時、一緒に読んだ絵本。
だるまちゃん、の響きが懐かしくて手にした「未来のだるまちゃんへ」
未来のだるまちゃんへ
未来のだるまちゃんへ : 加古里子著
1926年3月31日生まれ。御年88歳!
戦争。
1945年を境に、それまで信じられたこと全てが覆される、否定される。
自分が一生懸命悩み考え決意した事が、否定される。
そんな時代があった。
子供達に真実を教えなければいけない、大人や社会、すべて正しい訳ではないこと。

航空艦隊を志すも体力検査で不合格となり、多くの仲間は戦地で命を落とした。
「生き残り」ではなく「死に損ない」と自らに絶望し、
昭和20年以降、子供達の未来のために人生をささげることを決意される。

大空襲、食糧不足、外国語規制、終戦、戦後、高度成長、東日本大震災・・・
激動の時代を生き抜き、見てきた社会の裏表を
かこさとし氏の鋭くも優しい言葉で書かれた「未来のだるまちゃんへ」。

学校の机で学んだ歴史のうすっぺらいこと。
語る人がいないと、知らないまま終わっていく恐ろしさを感じた。


子供は言葉の数が少ないから、心のうちをうまく伝えることができない。
でも、ちゃんと考えてる。
子供ながらに一生懸命。大人以上に考えてる。

そのエピソードが書かれた絵本。
それこそ子供達が大好きだった「だるまちゃんシリーズ」

2ページいっぱいに、描かれた想像力豊かな「欲しいもの」
帽子だったり、うちわだったり、はなだったり。

「どれが好き?」大人が聞かなくても
子供は「これー」「こんなのもあるー」とはしゃぎ、そのページからなかなか進まなかった。

大人(特に父親)は普段子供に時間を割くことができず、少し高価なおもちゃなどで、その罪滅ぼしをする。
「どうだ!嬉しいだろう。」

子供が望んだのはお金で買えるおもちゃじゃない。
でも、親を悲しませることは出来ない。
何もいえず、高価なおもちゃを手にがっかりする。

だるまちゃんがねだるモノを、得意になって並べる「だるまどん(だるまちゃんのお父さん)」
だるまちゃんのグルグルの目がもっとグルグルになって
「違うよ違うよ全然違うよ!」

無邪気に子供と笑ったあの頃。かこさとし氏が、伝えたかった「子供の叫び」。
もう、あの時の私、完全に勘違いしてました。
全然違ってました。

大間違いのトンチンカン!!!

子供の好奇心をくすぐり、さらに先へ伸ばし広げるために
力強く生きるために、正しい知識、公平な世界観を見出せるように、
そんな願いが込められた、かこさとし氏の絵本の数々。

また自分のために読み返そう。
親として子供と向き合ったあの頃の自分に会うために。
大人になって固まった心を少しでも溶かすために。

ぶっくくらぶ1
お嫁入りした絵本は、誰かがどこかで楽しんでるかな。
→【絵本1冊分の幸せ 平成23年10月4日の記事】

からすのパンやさんは、今日も大忙しかな。
どろぼうがっこうは、今夜も遠足、ぬきあしさしあししのびあし・・・
かみなりちゃん、カミナリ町のプールで遊んでるかな。

子供と共通の思い出があるってすごく嬉しい。
美しい言葉って素晴しい!絵本の力に感謝します。

いつもありがとうございます! 応援いただけたら とても励みになります
人気ブログランキング】【 ブログ村 健康ブログ▲TOPへ






関連記事

コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/09/04(木) 21:08 | | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/09/04(木) 23:56 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。