3人の子育てもラストスパート!毎日が輝く笑顔であふれますように☆
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[噴火] ブログ村キーワード

お天気キャスター森田正光さんの今朝のラジオ。
「日本全国8時です」

火山噴火は気候に多大な影響を与えるようです。
噴火した1年後~2年後、地球規模で気温が下がる。

フィリピンのルソン島、ピナツボ火山が噴火したのは1991年。
1万5000キロメートルまで火山灰が上がり、成層圏に達した。
この影響で、飛行機の窓がすれ見えなくなった。
ピナツポ火山の影響で、全世界で気温が1度近く下がった。

2年後の1993年、日本ではエルニーニョの影響も重なり深刻な冷害で大凶作、海外からお米が輸入された。
大冷夏の被害は周辺アジア諸国でも同様で、1993年から大飢饉に見舞われた。

1783年、アイスランドのラキ火山、浅間山噴火(1783年7月)。
火山灰が日照不足をもたらし、冷夏による冷害・大飢饉をもたらし、日本では天明の大飢饉となった。
アイスランドのラキ火山の噴火前後の噴火時期から、北半球全体で天候が不安定になり、
食糧不足から、1789年のフランス革命が起こったのではないか。

御嶽山噴火。
1万1000キロメートルの噴煙を上げた。

成層圏は約1万5000キロメートル。
成層とは、層になっているので吹き上げられた火山灰が安定してしまい危険。
成層圏まで達しない対流圏では、雲ができ雨になり下に落ちるので大丈夫。

灰は小石程度のものを含めると、周辺4キロまで確認されている。
また微粒子サイズになると、甲府(約100キロ)まで飛んでいるのではないか。
不確かであるが、直線距離200キロの東京でも情報が寄せられている。

今回の御嶽山噴火、来年、再来年、気温に多少影響があるのではないか。
とのことでした。

一刻も早くおさまって!

いつもありがとうございます! 応援いただけたら とても励みになります
人気ブログランキング】【 ブログ村 健康ブログ▲TOPへ






関連記事

コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/10/01(水) 22:13 | | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/10/02(木) 21:08 | | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/10/03(金) 00:20 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。