3人の子育てもラストスパート!毎日が輝く笑顔であふれますように☆
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[解体作業] ブログ村キーワード

実家の解体が終わった。
実家解体
県外に住む2人の姉のため、出来るだけ写真に残そうと思った。

実家解体1
築100年を超えた家。
重機で、瓦礫となった家の一部が容赦なくトラックに流される。

実家解体2
家を支えた柱が抜かれる。

実家解体3
バリバリッ、ゆっくり家が落ちていく。

実家解体4
ほとんど家の姿はない。
残された一角に、「ここで見てるよ、ありがとう」と何度も涙を流す。
作業開始から一週間。

解体されていく家の前で、浮かぶのは幼い頃の日々。

日中でも薄暗かった部屋、床がへこむからそーっと歩いた場所、傾いて開けられない襖。
隙間風で息が白く見えた部屋、高い天井の広間、柱時計。
コタツで足があたるとケンカした居間、二階へ駆け上がった階段。

田の字型のプライバシーがない造り。
おめでたい行事も悲しい出来事も、ご近所さん親戚さんの手をお借りしての大騒動。
解体前
畳や襖がはずされた解体前。
住んでいた時間1
歴史はいつも「家」と「地域」単位でしっかり営まれていた。
セレモニー会館などなかった昭和の頃。

私が子供を育てた30年の記憶は、不思議と浮かばない。
ばーちゃん、おとーさん、おかーさん、ねーちゃんと一緒に過ごした時間だけ。

祖母が他界し、母が他界し、仏壇のお参りが私になった。
仏間への襖がキシキシ響き、それが朝・夕の食事開始の音だった。
解体前1
住まなくなると、こんなにも淋しい。
生活していた時間
小さい時、床の間に上がって遊んだら、父に怒られた。
私の子供は、暗さを怖がって入らなかった。
実家解体 仏間
触らないで!壊さないで!と何度も心の中で訴えた。
重機に罪はない。
作業してくださる方は、オイオイ泣く私が邪魔だろう。

実家解体5
亡き父が大切にしていた大きな石
どうだんつつじ251128
お帰りといってらっしゃいを繰り返した日々にありがとう。

ありがとう。
私の原点。永遠に心のふるさと。
忘れない。

ただいま
ありがとう。


いつもありがとうございます! 応援いただけたら とても励みになります
人気ブログランキング】【 ブログ村 健康ブログ▲TOPへ






関連記事

コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/11/28(金) 21:29 | | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/11/29(土) 00:02 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。