3人の子育てもラストスパート!毎日が輝く笑顔であふれますように☆
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[湿度計] ブログ村キーワード

気圧や気温の変化で頭痛が酷くなるような気がして。
じゃ湿度ってどうなんだろ?

そもそも部屋(マンション)の湿度ってどれくらいなんだろ?
温度や湿度の数値を確認せず、
毎日(年中)どこかの部屋を除湿してる我が家。
果たして大丈夫なのか心配になってきた。

湿度 午前
平成27年4月25日(土)午前7時56分
温度:19.8度
湿度:55%

天気:晴れ(室内のドア全開、窓は開けず・約6畳の部屋)
湿度 午後
午後7時17分
温度:20.3度
湿度:41%

クローゼットの扉を開けた(いつも)状態で除湿機を運転。
午前8時~午後7時の約11時間。
湿度計はチェストの上に。
湿度と除湿機
除湿された水分量。

室内10%分の湿度が取れたってことね?
41%・・取れすぎ?

「肌にもじわじわ乾燥」どころか、かなり危険なパリパリ状態??
うーん。
帰宅してそんなに乾燥してると感じないけど、除湿機をそんなに稼働させなくていいのかな?

天気が良かったから頭痛はカルカッタ。
(オイ!湿度との関係は??)

除湿機


部屋の理想的な湿度 サイトより一部コピー
 ↓ ここから ↓
年間を通して理想的な温度と湿度
 
年間を通して理想的な温度と湿度

ダニやカビは湿度が50%以上で繁殖をはじめ、60%を超すと急激に繁殖を始めます。
冬の間、気を付けていたインフルエンザなどのウイルスやバクテリアは、湿度が40%以下で活動を始めます。
このことから、カビやダニの繁殖を防ぎ、風邪やインフルエンザを予防できる、健康にとって理想的な湿度は50%全土だと言われています。
乾燥しすぎることは、喘息やアレルギー性鼻炎にもよくありませんから、この高くもなく、低くもない湿度50%は、家庭環境で目指したい湿度の理想ゾーンと言えるでしょう。

肌に良い湿度は、60~65%といわれています。
湿度50%を下回ると、お肌がじわじわと乾燥しはじめます。

疲れ目、眼精疲労の原因の一つであるドライアイ予防には、少し高めに設定して50%を下回らないようにします。

人が快適に寝ることができる室内の湿度は夏、冬ともに50~70%くらいまでが最適といわれています。

 ↑ ここまで一部コピー ↑


いつもありがとうございます! 応援いただけたら とても励みになります
人気ブログランキング】【 ブログ村 健康ブログ▲TOPへ








関連記事

コメント
この記事へのコメント
除湿機買おうかな~
はじめてまして。
サラリーマンの銀蔵と申します。

家では昨年の冬、加湿器が壊れたので加湿機能付き空気清浄機を買いました。

加湿機能が素晴らしく、快適な冬を過ごせました。

と思っていたら、今度は除湿が必要な季節ですね。

今まではエアコンの除湿機能で過ごしていましたが、今年は除湿機買ってみようかな~って思う記事でした。
2015/04/27(月) 22:55 | URL | 銀蔵 #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015/04/27(月) 22:59 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。